冬こそ恋がしたい!

燃え上がる恋がしたいなら

「恋と結婚は別物」

とは定説ではありますが、恋心なしに「この人と一緒に暮らしたい!」という熱い思いはなかなか芽生えないもの。それって男性も女性も同じではないでしょうか?

最近あった本当の話ですが、期限の3カ月を過ぎ、4ヵ月お付き合いをして、満を持して男性からプロポーズ、、をしたものの女性からお断り。

その理由は?というと

「なんとかがまんしようと思ったけど、どうしても一緒のお布団で寝られません」

残念すぎです(;_;)

年収や学歴、お勤め先・家族構成、金銭感覚などなど条件面ではこの上ないお相手に対して、「なんとか受け入れたい!」と頭では思っていても、心とからだが「NO!」といって受け入れがたい、、、と苦渋の選択をされた方がいらっしゃいました。

残念ですね、、、、、

お見合いからの恋愛、ありです

きっかけは確かにお見合い。でもそのあとの交際の段階で上手に「恋愛モード」に入れないと、なかなかプロポーズ→OK◎してラブラブで結婚には至りません。

お見合いなのに、ラブラブに?

そうお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、結婚を推し進めてくれるのは、結局のところ「恋ごころ」。人間はコンピューターではないので、条件だけでは人を好きにはなれません。ちっとも好きでない他人と家族になるのは、人によっては受け入れがたい高いハードルなのです

どうやって「恋愛モード」に入るか?その辺りを上手にコントロールしてくれるのが3大ホルモンなのです。

「恋」は錯覚が生み出すもの

恋心って、実は錯覚なんです。この錯覚が冷めないうちに「恋が愛に変わる」プロセスに入ってしまえば、ずっと続く幸せな家庭生活が待っています。

それにはまず「恋」という錯覚を上手に生み出すことがキモ

それには3大ホルモンを利用するのが有効です

3大ホルモンとは、アドレナリン、セロトニン、オキシトシン

この3つをどうやって自由自在に操るかで「恋心」は思いのままに。錯覚を上手に使って、二人の距離を一気に縮める方法はまた明日のブログで!

Two wedding rings on coral in front of the seaside at sunset

まとめ

お見合いでも「好きな人と結婚したい」のは基本

「条件がいいだけの人」から「好きな人」になるべし

恋は錯覚。恋が愛に変わるまでのプロローグを大切に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中