幸せな結婚のための「7つの習慣」

成功哲学の「7つの習慣」から学ぶこと

世界的大ベストセラーのビジネス書、「7つの習慣」は読みましたか?

経営に関する成功哲学であり、自己啓発書でもあるのですが、筆者の力量がものすごいので、これって人生のほぼあらゆる場面で当てはまる内容だと、私は思います。

著者はハーバード大学のMBAを取得した超エリート、スティーブンRコビー博士。

ご専門は、経営管理と組織行動学。

そしてモルモン教の信者であったことでも知られています

モルモン教がどんなものなのかはよく知りませんが、

人間のちっぽけな欲求の根底にあるものを深掘りして、

悔いなく人間らしく生きる方法について考える

という点では、とても共感できるものがあるのです

ましてやこれから結婚して家庭を持ちたい、とお考えならば

婚活にこの7つの習慣を生かさない手はない!!

でもちょっと内容が抽象度が高くて、とっつきにくいところがあるので、婚活向けにやさしく解説してみます

かなり私の独断と偏見も入っているかもしれませんが、一人でも多くの結婚したい人へ、最速で幸せな家庭生活をお届けしたい!✨という強い強い思いの元、書き留めていきますのでご容赦くださいませ😆

7つの習慣の前提

まず最初にお伝えしたいことがあります

7つの習慣の前提となる考え方、インサイドアウト(うちから外へ)を持ってください

真に幸福な人生を生きるためには、自分の内側、つまり思考から変えていくべし

ということです

成功者の行動だけを真似したり、成功者の見た目だけを真似してもダメってこと

それでは、世界でたった一人のあなた」にとっての真の幸福、本当の意味での人生の成功は手に入れられないんですって

内側(考え方)から先に幸せになる思考を目指し、習慣化することで

結果的に、物質的にも環境的にも幸せな生活を手に入れられます

その逆はありません

物質的な成功(お金やスペック)だけを先に手に入れても、

後から身も心も満たされる結婚は訪れない

と心得てください

思考を書き換えよう

婚活が長引く人、なかなかプロポーズされない人に共通の特徴として

リッチな何不自由ない贅沢な結婚生活

なんにもしなくていい怠惰な暮らし

という物質的な豊さや、目に見えて楽な生活といううわべの成功だけを求めています

どう生きるべきか、自分が人としてどうありたいのか、という、人間らしく生きていくための【思考】がけ落ちているのかもしれませんね

人間は、食べて寝るだけの家畜じゃないのです

ただ可愛いだけの、ペットとも違います

人格がある以上、人間らしい思考をもち、それによって品性を保っていなければ、

男女はお互いにむさぼり合うだけの関係になってしまい、すぐに飽きが来ます

男性は女性の肉体に飽きるし、家事をやってもらって当たり前になる

女性は男性に触れられるのも嫌になり、お金を稼いでもらうことが当たり前のものになる

そうやって、不満と愚痴だらけの家庭になってしまいますよ

これから婚活をする皆さんは、そんな家庭きっと嫌ですよね?

でしたらぜひ、ご一読いただき、できれば何度も読み返してみてください

7つの習慣とは

やっと本題です

思考を書き換えると言っても、そんなに難しいことではないので、

私と一緒に一つ一つ一緒に学んでいただけたらと思います

そういう私も、日々まだまだ実践中ですけどね!

7つの習慣はこちらです

▼私的成功(個人的な達成による幸福)
第一の習慣:主体的である
第二の習慣:終わりを思い描くことから始める
第三の習慣:最優先事項を優先する

▼公的成功(パートナーとの関係における幸福)
第四の習慣:Win-Winを考える
第五の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
第六の習慣:シナジーを創り出す

▼再新再生(幸福な状態をキープするための習慣)
第七の習慣:刃を砥ぐ

個人的なレベルの成功が私的成功(1〜3の習慣)

他者との関わりの中での成功が公的成功(4〜6の習慣)

そして最後7つ目の習慣は、継続的改善 (Continuous Improvement)ですが、一般的に

「再新再生」と訳されています

逆英訳するとリニューアル、リプロダクトってとこでしょうか

家庭の平和、良好な夫婦関係は日々の努力によって更新され続けるものなんですよ〜ってことですね

では次回から早速、【第1〜第3の習慣 for 婚活】に入りますよ😆