デートはアフターフォロー次第

当たり前のことが言えてない

今日は、仲人おぎゆかからのお願いです

デートの後は、必ずお相手に伝えて欲しいのです

《今日は楽しかったです、ありがとうございました》

そんなの当たり前でしょって思いますよね?

例えば、お仕事のアポイントならば、打ち合わせの後メールやお電話で

「本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございました」

ってまず書き出しに一言お礼を書くはずです。

ああ、それなのに、、、

何故かお礼を言えない、次のアポを決められない、

そんな大人が婚活には続出します

1人で反省する女性

仕事ならできるのに

お仕事モードなら自分のわがままを抑えてお相手(クライアントや仕事仲間)に配慮できるのに、こと恋愛や婚活となった途端に、いい大人がお子ちゃま化してしまう

そんなケースを何度も見てきました

特にデートの後どっちが先にお礼を言うか問題

お互いに、

「ただ相手が何か言うのを待っていただけ」

と正直ちょっと億劫に思っていて、そのちょっとが、3日、5日、1週間続くと連絡が途絶えてしまい結局そのまま自然消滅するケースのなんと多いことか…

そして良縁を逃すのですから、なんとももったいないことです

あいさつの基本は幼稚園で教わっている

幼稚園の頃に言われたはずです

先に「ごめんなさい」って言えた子が偉いんだよ

「ありがとう」もそう

何かいただいたり、してもらったら

「ありがとう」は?ちゃんといったの?

ダメでしょすぐにお礼言わなきゃ

って最低一日1回言われてたはずですよね

それなのに、お礼を言えない婚活男女のなんと多いことか

すれ違う男女

遅刻や予定変更もすぐにお詫びを

婚活デートはとても大切です

人生を共にするパートナーを

皆さん真剣に探しているのですから。

ちょっとくらい遅れてもセーフでしょ?

とか、

このくらいでいちいち謝らなきゃいけないの?

とかごちゃごちゃ考える前にさっさと謝りましょう

ここまでは超基礎編です

デートのお後のお礼はどっちが言うべき?

私としては、デート後のお礼は女性がいうべきと個人的に考えていますが、

じゃあ男性は手をこまねいて待っていろとは言いません

だって、相手の女性が今日のデート思い出に浸っていて、うっかりLINEをし忘れてるかもしれないじゃないですか

とにかく、先にお礼を言った人が偉い!

だから気がついたら、あなたが男性でも女性でもすぐにデートの後お礼を言いましょうよ

女性がお礼を言ったほうがいい理由

理由があります

男性はデートの後《1人反省会モード》に入っていることが多いので、明るく

「楽しかったね、今日は来てくれてありがとう!」

って言える人は少ないのです。

そんな婚活男子の《1人反省会モード》を救ってくれるのが、お相手女性からの

「今日は楽しかったです。ありがとうございました」

と言う1通のLINEなのです。

別に「好き」とか「愛してる」とか言え、なんて言っていません

お礼なんだから、幼稚園児でも言えることなのです。

でももしかすると

はぁ?

どうしてデートのお礼をこっちが言わなきゃいけないの?

こっちだって日曜日にわざわざ早起きしてお化粧して会ってあげたのに

なんて思う方ももしかしておられるでしょうから、理由を述べますね

デートの後すぐにお礼を言うべき理由

理由その1

休日にわざわざおめかししてでかけるのって、それなりに負担です

自分も面倒くさいなら、お相手だって面倒なんですよ

だから、お互いの頑張りをねぎらう意味で「ありがとう」を言い合いましょうよ

結婚して20年近くにもなるとわかりますが、

独身者がお互いにデートに誘ったり誘われたりなんて

それだけでもとっても「尊い」ことです

いつか死ぬ前に振り返る《おもいで》が、一つ増えただけでも素晴らしいこと

大げさですか?

私はそうは思いません

どんなに若い人でも、ご年配でも、いつお迎えが来るかなんて誰にもわからないのです

ならば、日曜日にわざわざデートするためにおめかししたお互いを、言葉一つで労ったっていいじゃないですか?

これは、実は婚活を楽しむ一つの考え方なんです

自分の人生を《死ぬ間際》から振り返って考えると、案外ストレスコントロールにも役立ちますよ

そもそもデートの一つもない人生より、ある人生の方がいいに決まっています

それが一生続けばもっと幸せ

そう思うからこその婚活なのです

腕を組んで歩くカップル

デートの後すぐにお礼を言うべき理由

理由その2

次のデートに誘導するため

もしもお相手があなたからの連絡を待っているとしたら?

デートの後、連絡がなかったらこのデートは《失敗》

きっともう次はないだろう

そう思っている男性のなんと多いことか汗

鋼のメンタルの男性も稀にはいますが、婚活中の男性は、とてもデリケート

特に仮交際中の男性は、女性からのデートの後のリアクションを首を長ーくして待っているのです

それこそ、まるで死刑宣告のように…

だから、

今日のデート悪くはなかなったな

とか

またもう一度あってもいいかな

そう思うのでしたら、お礼のひとことを送りましょう

大した労力ではないですよね?

お礼➕もうひとことを是非!

お礼をいうついでに、

「今度の日曜日も、空いています」

これができたら百点満点!

完璧です(拍手)

これを言われて誘ってこない男性は、あなたに興味がないか、あるいは他の女性を優先していると思った方がいいでしょう

この後の男性の反応を見るだけで、不必要に相手からのお誘いを待つ必要もなく、婚活はググッとスムーズに進むのです

耳を済ませる女性

デートの後すぐにお礼を言うべき理由

理由その3

好意をほのめかすため

男性だって、デートに誘うにはモチベーションがいるのです

男性のモチベーションを上げる大きな要素は、女性からの好感度

仮交際中のお二人は特に

相手が自分のことをどう思っているのか

を、とーーーっても気にします

特に男性は、自信を喪失させるような振る舞いの女性が超苦手です

いや、女性だってそうですよね?

自信を打ち砕かれていい気分がする人はどこにもいません

そこで、

ありがとう♡

とか

楽しかった^_^

なんて

たったの一文字、ハートや顔文字、スタンプなんかを、

ちょこっと追加してあげるだけで、男性はほっこりします

そしてこう思うのです

「もしかして、俺のこと好きなんじゃないの?」

この気持ちが、交際のモチベーションとなりますよ

明らかに好き、という表現でもなく、全く無反応でもなくて

「もしかして、俺のこと好きなんじゃないの?」

が大事なのです(大事なことなので繰り返しましたW)

よろしいでしょうか?

婚活中の女性は、好意を時々チラ見せする感覚を大切にね!

そうやってデートを繰り返しながら、お互いの価値観や相性を見極めましょう

お礼のメッセージを送る婚活女性

もしもデートが最悪だったら

ここで重要なお知らせです

じゃあ、もう2度と会いたくないくらい不愉快なデートだったらどうするの?

という疑問が生まれるのです

お答えしますね

そういう時はお礼のLINEはせずに、仲人に言ってください

パワハラやセクハラならば即刻報告して、交際を終了しましょう!

そんな最低の人はいない、と思いますが、人間ですから魔が刺すこともあるかもしれません。

あるいはデート自体は悪くなかったけどもう2度目はないかな、そういう時もいちいち思わせぶりなLINEは不要です

もう一度くらいあってもいいかも!

あるいは、是非次もデートしたい!

そういうお相手には着実にお礼の言葉をプレゼントしましょうね

初めての婚活がうまくいかない、婚活始めたいけどちょっぴり不安

そんなお悩みにお答えしています

無料の婚活シミュレーション受付中です!

お申し込み、お問い合わせはこちら

無料個別相談のお問い合わせ、資料請求

お見合いに適したおすすめカフェ

土日のカフェはどこも満席で座れない

新宿や渋谷、銀座はカフェの座席争奪戦

緊急事態宣言の時期は多少空いていましたが、

昨今のカフェ、特に14時〜15時あたりは土日祝日はすぐに座れません

でも今年のクリスマスって土日じゃないですか?

予約できないと私も困るので本当は教えたくないのですが…

お困りの皆さんのために、と思い

こっそりと(笑)ブログにしたためることにしました

見晴らし最高!池袋の老舗ラウンジ

タカセ洋菓子店9階コーヒーラウンジ

お財布にも優しくて見晴らし最高!

レトロながら気品漂う古風なラウンジ

この喫茶店、なんと池袋駅野東口から徒歩1分程度

しかも誰でも一眼でわかる、ビル屋上のどでかい看板に

タカセ洋菓子

と書いてあるので、わかりやすいのです

ちなみに1階ではパンとお菓子を販売しています

お店に行く前に予約しておけば、スマートですよ

昔懐かしいプリンアラモードやクリームソーダなど今時の映えを気にする女性にも人気

お客様はカップルからファミリーまで様々ですが、

皆さん礼儀正しくて騒がしくないので、落ち着いて会話できるお店です

サンシャイン水族館や映画館、猫カフェなど、近くに娯楽施設も多いので遊んだ後で立ち寄るのもおすすめですね。

🔻参考URLはこちら

最新の注目エリア、大塚に登場!

OMOカフェ(OMO5東京大塚 by星野リゾート内)

デザインがモダン!おしゃれ!

あの星野リゾートが運営しているだけあって、インテリアも超オシャレ

ウッディな温もり感ある内装は、とても親しみやすいので、いごこちが良くてつい長居してしまいそう

実は今のところ、穴場なのか、けっこう空いてます笑(2021年12月現在)

場所はなんとJR大塚駅から徒歩1分!

実はかくれたグルメの名店がひしめく大塚、ディナーの前の待ち合わせ場所にもおすすめです

ここだけは予約はできないのですが、広々とした店内で、ソファとテーブルもゆったりしているので都会の慌ただしい雰囲気や隣のカップルの会話が丸聞こえ、というようなこともなくて安心

まったりチルするのには最適なカフェなのです

(時間帯によってはお食事は提供していません)

また、おしゃれなグッズ販売もしています

デートの思い出に何かOMOグッズをゲットしてみては?

🔻参考URLはこちら

https://omo-hotels.com/otsuka/omocafe/

少し気取った吉祥寺デートはいかが?

吉祥寺第一ホテル アトリウムラウンジ

吹き抜けの開放感!

もちろん吉祥寺には、美味しいお店や面白いお店がたくさんあります

また、吉祥寺といえばどちらかというと、気取らないイメージなのですが、合間に一休みするならここがおすすめ。

吹き抜けの天井で開放感があって気持ちいい!

ビュッフェコーナーもおすすめです

しかも事前にお席を予約できるここのラウンジなら、この12月の土日、どこもいっぱいで寒〜い中行列を作って並んで待つ、なんてスマートじゃないエスコートで女性をがっかりさせることもありません。

クリスマスは、少しおしゃれして二人の時間を過ごしたい

そんな女心をくすぐる穴場なのです

ただし、事前予約は抜かりなく!

🔻参考URLはこちら

https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dh/kichijojidh/restaurants

東銀座で日本庭園を見ながらのまったり時間

寿月堂 銀座歌舞伎座店

上質な和スイーツを堪能

ここも本当は教えたくない、比較的空いている、予約可能なカフェです

実はお茶と海苔で有名な老舗、丸山海苔が経営するカフェ

お抹茶やほうじ茶を使った和のスイーツがおすすめですよ

なんと言っても、ビルの4階にありながら、開放的な日本庭園を眺められる贅沢

優雅で大人なデートにおすすめです

場所はなんと東銀座駅前の歌舞伎座タワー内

寒いお外をほぼ歩かずにスッとエスコートできるので、女性からきっと喜ばれる、嬉しいデートプランですね!

🔻参考URLはこちら

http://maruyamanori.net/sp/kabuki-za/2013/02/post.html

まとめ

クリスマスのデートプラン、悩みますよね?

ネット検索だけでは、どうしてもみんなとかぶるので、どこも人が多くて疲れます

また、ハイヒールでおしゃれしてきた女性にとって、長時間歩かされるのは本当に苦痛。

そんな女性をなるべく疲れないように、そして待たせないようにとのセレクトです。

行列大好き!みんなと一緒の方が安心

という人は、超混雑しているお店へどうぞどうぞ

でもね、せっかくの貴重な1日を、空席探して歩き回ってヘトヘト…

なんて残念なクリスマスの思い出あるあるです(T . T)

今回ご紹介した、まさに【穴場カフェ】で、ちょっとスマートに二人だけのプライベートな雰囲気を楽しんでみませんか?まとめると、

1.タカセ洋菓子店 池袋本店9階コーヒーラウンジ

2.東京大塚OMO5by星野リゾートのOMOカフェ

3.吉祥寺第一ホテルのアトリウムラウンジ

4.寿月堂 銀座歌舞伎町店(東銀座)

本当は誰にも教えたくない、【東京の穴場カフェ】名店たちです

どうぞ婚活デートにご活用くださいね〜

あなたのご成婚を、心から応援しています

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その5

男性の婚活は会話力が8割

会話力が婚活での明暗を分ける

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される、残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その5

仕事の話ばかりしてしまう人

はっきり言って退屈なんです

まずは毎日お仕事、お疲れ様です

仕事はそこそこに、婚活が人生の最優先課題!

という女性が多い一方で、男性の婚活はまず仕事ありきです

というのも、昔から

✅ 男性は仕事がノっているとき、昇進したときに結婚したくなる

✅ 女性は仕事が思うようにいかない時、壁にぶち当たった時結婚したくな

という特徴が往々にして見られるのです

やはり、女性と結婚する際に【あなたを幸せにします!】

という言わないは別にして、そのくらいの気持ちでプロポーズに臨む男性と

結婚とは幸せにしてもらうもの

という受け身の意識がまだまだ強い、

女性側の意識の問題でしょうか

仕事の話をすると落ち着く

話はそれましたが、

普段からお仕事モード100%で生きている男性は特に

趣味があまりなかったりすると、

仕事の話を始めたとたんにスイッチが入ってしまうようです

✔︎技術系、IT系など専門用語の羅列

✔︎俺ってすごい仕事してるんだぜというアピールタイム

✔︎お客様やお得意様関係の愚痴

✔︎上司や部下とのやり取りの詳細

そんなこと初対面の私に詳しく言われても、

リアクションに困るわ〜(T . T)

というかとっても退屈…

この人一体何しにきたの?お見合いだよ?

婚活女子の心の声

と思われていると気付いてください

少しはしてもいいのです

例えば

✔︎ 出張が多くて特に北海道や沖縄へはよく行っている

✔︎ 残業はあまりないが、月に一度くらいは休日出勤がある

✔︎ 一年に一回は昇進試験があり、今はちょうど勉強中

✔︎ 福利厚生がしっかりしていて有給休暇が取りやすい会社

✔︎ 全国に支店があり、転勤が頻繁にあるが出世も早い

なんていう情報はむしろ

お見合いの時に言ってよ〜〜〜〜

婚活女子の心の声

って女性側は思っています

女性にとって、興味がある話に集中して情報を出した方が

自分が気持ちいいだけの話をだらだらする人

という印象にならずに済みますよ

ちゃんと相手の表情を見て話そう

どうして男性って、お相手が興味を持って話を聞いているかどうかがわからない!

ということが頻繁に起こってしまうのか?

それは、

自分が楽しいことは、きっと相手も楽しいだろう

そういう推測が働いているからです

ごめんなさい。

実は男性だけではないのです。

女性の意味のない長話も同様ですよね。

男性からしたら、それこそ山も落ちもない【くだらない話】を女性から延々聞かされてウンザリするなんていう経験、男女交際ではあるある中のあるあるです。

それを人生において、最も重要なシーン、運命の分かれ目

お見合いの場でやらかしてしまわないよう、気を付けましょう

女性の退屈サインを見逃すな

女性は退屈サインは態度に出る

髪の毛をやたらといじったり

携帯電話を気にしたり

隣のテーブルを気にしたり

寒いとか暑いとか足が痛いとか

どうにも気が散っている様子を女性がしだしたら、

《もうその話はいいの、察して!察して!》

と無意識にアピールしていますよ

逆に、話しているあなたの目を見て、そらさなかったり

熱心にうなづいて、質問をしてきていたら

もう少しその話は続けても大丈夫

ただ、いずれにしてもお仕事モードが長すぎると

上司みたいで怖い

男として見れない

すぐにキレて怒りそう

と、ブロックがかかってしまうので、

お見合いの場では仕事の話はサラッとにしておいた方が無難です

詳しいお話は、交際が始まってからでも十分間に合うのですから

逆に仕事の話は守秘義務があって一切外では喋らない

国家公務員や医師、弁護士、税理士などがモテるのは

何も職業バイアスだけでなく、仕事の話をしない分だけ

仕事以外の深い話をたくさん出来るためかもしれません。

上司への不満を必ず言ってしまう男性

だいぶ以前にいらっしゃいました

会社では重要なポジションを任されているのですが、

上司が大変なミスをしてしまったたせいで、

なぜか自分までも格下げされてしまった、という男性。

同じ男性とお見合いした、複数の女性から話を聞いているのですが、どうやらよほど悔しいらしく、毎回そのことをお見合いの席で憎々しげに語らずにはいられないようなのです。

ルックスも学歴も収入も決して悪くない、一見素敵な男性なのですが、

一緒にいると安らげない

と必ず女性が漏らし始めるので、どういうことか詳しく話を聞いてみると、そう言った失敗をいつもいつも繰り返していることがわかりました。

自分は仕事ができる男だ!

という自覚がある男性こそ、この地雷は踏みがちです。

出来る男アピールポイントになるので、きっと女性からプラス評価されると思い込んでいるのです。

上司や部下のダメっぷりをやたらぼやいたり、他にも、専門的な仕事の主に自慢話を、食事をしながら1時間みっちり聞かされて根をあげた、という女性からの報告も聞いています。

仕事の愚痴や自慢話は最小限にしておいた方が、婚活ではうまくいくと思っておいた方がいいでしょう。

何を話していいかわからない

仕事人間なので、仕事の話を禁止されたら、話すことが何もない

そんな人がたまにいます

そんな人は、自分のことを話すよりも、まずお相手のことを聞いてあげてください

また、今まで仕事人間だったとしても、今まさに愛する人を見つけて新しい家庭を築こうとしているのです。

どんな家庭を持ちたいのか、これからしたいことを二人で一緒に見つけるためのお話をたくさんしてくださいね。

それに、子供時代から仕事人間ではないはずですよ

学生の頃はどんな風だったのか、家族とはどんな関係を築いてきたのかをお相手はきっと聞きたいはずです。

話すべきことが何もない人なんて、一人もいないのです。

まとめ

さて、ここまでお読みくださり、本当に有り難うございます。

お見合いで失敗する男性がやらかしている、5つの地雷について連載させていただきました。

1、しゃべらない人

2、目線を合わせない人

3、愚痴や悪口をいう人

4、家族の自慢話をする人

5、仕事の話ばかりする人

でした。

あらかじめ知っておけば、踏まずに済む地雷ですよね!

ぜひあなたの婚活の参考にしてくださいね。

次回は《地元での結婚希望を叶えたい人》のためのお話を書いていく予定です!

お楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その4

男性の婚活は会話力が8割

会話力が婚活での明暗を分ける

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される、残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その4

家族の自慢話をしてしまう人

もしかして、マザコンなの?

その1、その2はしゃべらない、目を合わせない、ときて

その3は、余計なことを喋るパターン【悪口や愚痴を言う人】でした

その4は、一見ポジティブにも見える、家族自慢。

え?別に良いでしょ?

だってうちの親って本当にすごいんだから

自慢したってさ

もしもそう思ったならば、かなりの危険信号

大の大人が初対面のお相手とのお見合いで、

親自慢をしすぎるのはよろしくありません。

お見合いで家族の自慢話をする婚活男性

特に危ない、母親の自慢

これってお母様ご本人が聞いたら、泣いて喜びそうですが、婚活女子にしてみたらドン引きです

✅ うちの母は家柄がよくて美人

家事も仕事もパーフェクトにこなす

✅ ご近所でも評判のできた嫁

✅ キャリアウーマンとして物凄い実績

どれもこれも、婚活女子にプレッシャーしか与えません

しかもこんな話をされたら、とりあえず

わあ、すごいですね〜お母様って

以外の返しようがないじゃないですか(汗)

うちのお母さんの方がもっとすごい

なんて言ったら男性のプライドを傷つけるし

それがどうかした?なんて言おうものなら

きっと憤慨してしまうでしょう?

じゃあママと結婚すれば?

もしも自覚がないなら危ないのです

特に、かなり多くの男性は

なんだかんだ言っても理想のお嫁さんは自分の母

というケースよくあります

悪いことではありませんので、誤解しないでください。

それってすごく自然なことなの。

だって、自分がまだ歩くことも喋ることもできない幼い時から

あなたを教え導き、ご飯を食べさせて、守り育て

一人前にさせてくれた恩人が母親なのだから

感謝とリスペクトをするのはむしろ当然のこと

だからこそ、

うちの母は特別にすごいんだ!

という思いは大切に心の中にしまっておきましょう

オンラインでお見合い中の女性

お母さんどんな人?って聞かれたら

例えばお母さんは専業主婦?と聞かれたら

普通にイエス・ノーで答えれば良いのです

どんな人?と聞かれたら、

明るくて話しやすい人とか

作る料理は和食が多いかな、父とは仲がいいんだ

あるいは離婚してから女で一つで自分を育ててくれた

などなるべく淡々と答えた方が好印象です

色々ご苦労をされたのなら、

ずいぶん苦労して育ててもらった、

くらいは言っても良いけれど

だから僕はママと一緒に出かけるのが大好き!

とか

お母さんみたいな人と結婚したい!

というニュアンスを匂わせると

女性はたちまち警戒してしまいますよ

何と言ってもお母さんがライバルというのは

女性にとって立場が悪すぎますから!

ちょっと引いている婚活女性

精神的に自立できていない男性

精神的に依存していませんか

最近の婚活男女を見て感じる印象ですが

ご家族の仲が良すぎる人は、少し自立した方が良さそうです

血の繋がった家族なのだから、

一緒にいて楽なのは当たり前です

でも結婚ってその閉じた世界から一歩外へ出て、

自分とお相手とで新しい家庭を築くこと

そもそもそのための婚活ではありませんか?

親の自慢話ばかりしている暇があったら

お相手のいいところを、

一つでも二つでも見つけて褒めましょうよ

スーツ姿でハートを作るポーズの男性

結婚はまずは本人同士の問題

うちのパパはすごい、ママは最高という自慢や

あるいは兄弟姉妹が立派すぎて自慢したくなる

そんな時はぐっとこらえて

自分の魅力は何なのか

お相手の魅力は何なのか

にクローズアップしてみましょう

婚活では、ご家族が立派かどうかよりもまずは

お二人の相性やあなた自身の魅力が最優先課題です

そして、先ほどもお伝えしたように

親ご様が魅力的に見えるのは誰でも同じ

それをあえてペラペラと喋りすぎると

子供っぽくみられるということを忘れずにね!

遠回しにけなされているように感じる

人によっては、ご家族の自慢話が遠回しな【当てこすり】のようにも感じられてしまいます

もしも万が一、あなた自身が《僕には親以外に自慢できることが何もない》と感じていても

だからと言って婚活で親じまんに頼るのは間違いですよ。

同じ人でも相手が変われば違ってくる

そして、これも面白い例ですが、典型的なパターンなので仮名でお伝えします

やすおさん(仮名)がお見合いした、美子さん(仮名)と花子さん(仮名)がいました

同じやすおさんについて、お二人の感想が全く違うことがあったのです

美子さんは、やすおさんは無口でつまらない魅力のない人だった。2度と会う気がしない

といい

花子さんは、やすおさんは口数は少ないけれど誠実そうで感じの良い方でした。ぜひ交際したい

という。

こんなことはザラにありますよ

自慢できることがない?

自分には何も自慢できることがない、なんて思わなくて大丈夫!

見る人によってはちゃんと魅力が伝わります

というか、、、

もしも本当に自慢できることが何もないと思うなら、

今すぐにでも何か始めればいいのです!

自分らしく、楽しめることを、無理のない範囲で、ですよ

婚活は《できること》を継続してやってみる挑戦

理想のお相手を絵に描いて眺めるだけで叶う、

なんて楽で都合のいいことはありません。

もちろん言語化することは夢実現の第一歩ですが、

手も足も動かさないで、ただ待っているだけではダメなのです。

だからと言っていきなり無理難題をこなせなんて言いませんよ。

皆さん、お勤めしながら、日々の生活をこなしながら、婚活していることは重々承知しています

そんな中でも一日1mmでいいから、小さな一つのいい習慣でいいから

何か自分を成長させるチャレンジをしてみましょう!

自分自身の努力とその結果得られた成長って、

実感し始めるとすごく楽しいので、病みつきになりますよ

そうしたら、家族の自慢をダラダラ話すなんてことはきっと無くなりますからね!

お見合いの会話で即お断りされてしまう、

怖ーい地雷がまだあと1つ。

明日は《仕事の話ばかりする人》です

これ冗談抜きで本当にあるあるなのでぜひご期待くださいね

男性向けの【婚活デートでの5つの地雷】5回連続で書いています、どうぞお楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その3

男性の婚活は会話力が8割

婚活で成功する男性は会話力で差をつけている

くどいようですが、多くの人が誤解しているのですが

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その3

悪口をいう癖がある人

なぜ不満ばかりいうの?

その1、その2はしゃべらない、目を合わせない、ときましたが

今回その3は、むしろ

余計なことを喋るパターンです

会社の悪口、上司や部下がバカとか無能とか

友達がみんなレベル低い

この店の店員は教育が全然なってない

果ては、芸能人のことまで

《あのアイドルっていうほど可愛くないよね、目の下のクマすごくない?》

なんていう人、たまにいますよ。

こんな調子で、こんにちは、よろしくお願いします、と座ってから

ず〜っと世間や他人の不平不満をいうのは即刻やめましょう

これをやられると、ほとんどの女性が

かなりいやーな気分になります

デリケートな女性ならば、ちょっとしたトラウマになることもありますよ。

なぜってそれは、

多分お見合いが終わってから

私のことも悪くいうのではないかしら?

当然そういう推測が成り立つからです

あなたは大丈夫ですか?

こういう人はどちらかというと、

自分は被害者であり、同情されてしかるべき

ネガティブでも客観的な意見だから正しい

などと自分を正当化する癖があるので、なかなか治りません。

悪いのは周りのみんな、自分は全く悪くない

という幼い考え方が根底にあるのです

ネガティブな気持ちを全部おしころせとは言いません

それを聞いた人が、例えば婚活でなくとも不快になるようなことを

しかも初対面であえて言い続けるのは、もはやハラスメントなのです

そのことをお伝えしておきたいのです

器の大きい男性は人に恵まれている

俺様は才能あるのに人に恵まれない、なんて人はいません

大成する人は大抵こういいます

「自分の能力だけではない、周りの人たちが応援してくれたからやれたのです」

まわりの人たちに散々足を引っ張られて、

それでも大成功する人もいます

そういう人は、周りが足をひっぱてくれたからこそ

何くそ!

という思いで頑張れた

だからむしろ感謝しています(byイチロー)

そうでない人ほど、

後輩が無能なせいで出世が遅れているとか

上司が馬鹿なせいで、昇進させてくれない

なんて、特に仕事の愚痴が多いものです。

いいですか、厳しい事実ですが

仕事の愚痴ほど婚活女性を萎えさせるものはありません

なぜならそれこそそんな人と結婚したら

毎日毎晩、愚痴を聞かされる人生を送らなければならなくなるのが目に見えているからです。

そして、そんな器の小さい男性の妻になるのなんて、誰だってまっぴらごめんだからです。

心の叫びをパートナーに受け止めてもらいたい

こういう男性にだって言い分はあるでしょう

結婚するんだから、頭の中がお花畑じゃあ困るさ

仕事や世間との軋轢で苦しんでいる、

僕の心の重荷を少しでも負担してくれてこそ、

夫婦としての価値があるのではないのか?

ごめんなさいね〜

好んで苦労したいと思って、

わざわざお見合い結婚はしないんです

なるべく苦労はしたくない

それどころか、、

自分の希望をなんでも叶えてくれるスーパーマンみたいな男性がいたらいいのに

婚活初期の女性の気持ちは、概ねそんなところ

何人もの婚活女性から聞いた言葉ですが、

・お相手の住まいは、私の家から近いところがいい、できれば同じ〇〇区内

・仕事は続けたくないけど、家事もあんまり得意じゃない、だけど子供は欲しい

・できれば一戸建てを買って欲しい、だけどローンとかの負担は全て男性に背負って欲しい

みんながみんなではないですが、こういう希望をよく耳にしています

嘘だろ!どーしろというんだ??

って思いました?

どうもこうもないのです。

多くの未婚女性は現実をまだ知らない、それだけのことなので許してあげてね

徐々に現実に直面しながら学んでいる途中なの

日本では結婚するかなりの女性が、何十年と連れ添った愛着のある自分の名字を捨てて、お相手のもとへ嫁ぐのです。

何かしらの見返りを期待するのが、リアルな女ゴゴロというやつなのです。

(いつかはこういう文化が廃れる日が来るかしれないけどね)

女性が自己犠牲を払う時

では男性はただひたすら我慢をしなければいけないのか?

女性のわがままを、黙って受け入れる以外の選択肢はないのか?

違います。

女性が本当に愛に目覚める瞬間までは、いささか時間がかかるだけなのです。

それでも男性の名字になって、一緒の屋根の下で暮らし始めて

毎日一緒にご飯を食べたり、一緒に眠ったりしているうちに

自分の身を削ってでもこの人を支えたい

という夫婦としての責任と愛情に目覚めるの。

そうなる前から、愚痴や不満ばかりの男性に対しては、

なかなか女性は何かを捧げる気持ちになれない、ただそれだけのことです

(捧げるとかいう言葉自体、非常に問題ある気がしますが、実際のところ何かを捧げあうのが家族であり、本質的な愛情表現なのではないでしょうか?)

もう一つのNG理由

物事をいつも他人のせいにする人は、

なかなか幸せにはなりません

大成する人の成功哲学の基本は

自己管理

自己責任

自己批判

他者支援

そしてプラス受信

だそうですよ。

すでに起きてしまったものごとを、

プラスに受け止めるのか、それともマイナス思考で自分はかわいそうな被害者だと思うのかは

自分自身の選択です。

仮に今いるのが本当にろくでもない会社だったとして

その会社を選んだのも自分

その会社で働き続ける選択をしているのも自分

転職をしようと努力していないのも自分なのです

今から10年後には、現存する約50%の職業が

消えてなくなっているとも言われるこの時代

不満を言っている暇があったら

自分を高める努力をしていた方が健全よね?

そう思いませんか?

男性は達観する方法を学ぼう

結婚を夢見ている女性の多くは、

正直あたまの中に理想の王子様が住んでいます

経済力もあって

包容力もあって

尊敬できるような立派なお仕事をしていて

私の意見をいつでも尊重してくれる

そんな王子様がきっとどこかにいる

と、うっすら思っているのです。

しっかりしている女性ですら、あわよくば楽ができるのではないか、

と考えない人はまずいません

男性だって、本音を言えば炊事洗濯に始まり

家計のやりくりや老後の人生のこと

親の世話などを誰かに背負って欲しい、

そういう側面があるのではないでしょうか?

私見ですが、

家庭とは、二人で役割を半分こすることで

よりパフォーマンスを高めることが可能な

合理的システムです

どうぞ不満を不満で終わらせずに

次のステージへの原動力になさっていただきたいと

老母心ながら思う次第です

お見合いの会話で即お断りされてっしまう、

怖ーい地雷がまだまだあと2つ。

明日は《家族の自慢をする人》です

男性向けの【婚活デートでの5つの地雷】5回連続で書いています、どうぞお楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳