家庭料理レッスン大成功!

上手にできて自信がついた

先日、池袋のとしま区民センターで開催しました

ななえ先生の

簡単おいしい

家庭料理レッスン

大成功でした!!

なんとメニューは

  • 鳥の唐揚げ
  • ポテサラ風おからサラダ
  • 厚焼き卵
  • お味噌汁
  • 玄米ご飯

新婚ご主人が泣いて喜びそうな、

ややハードル高めのメニュー

最初はみなさん不安げでしたが、

ちゃんと上手にしかも超おいしくできましたよ

これが、生徒さんの実作です↓

家庭料理教室の実作写真
とってもおいしくできました!

私も試食させて頂きましたよ!

美味しそうな手作りの唐揚げと卵焼き
なかなかやるでしょ!

みなさん心地よい達成感と共に、

家庭料理に自信がない

と嘆いていたご成婚された女性も

卵焼き用のフライパン、買いました!

おうちで復習します!

とメッセージをくださっています

すっかり新妻モードにスイッチが入ったようですね♡

家庭料理のお教室は、

ななえ先生のお人柄のおかげで、

楽しくとっても和やかな雰囲気でした

揚げ物なんてこわ〜い

とパチパチと音がする揚げ油の前で

ビクビクしていた婚活女子たちも

最後には堂々たるもの

婚活女子ではなく、もはや未来の主婦!

みなさんいいお顔をしていました

揚げ物に挑戦する婚活女性
揚げ物をする参加女性

案ずるより産むが易し

家庭料理、特に男性から人気のお料理って難しそうな印象があるかもしれませんね

でも実際に手を動かして、やってみると

なあんだ、難しいと思ってた

卵焼きも唐揚げも

大したことないわ

と拍子抜けするほど簡単♪

面倒臭いという、思い込みが邪魔をしているだけなのです

簡単でおいしくなければ料理じゃない

家庭料理では全て目分量が基本です

子育てや仕事、そして掃除洗濯も

こなしながらのお料理なのですから、

チャチャっとできなくては意味がありません

そんな時どうなったら適量なのかの

《体感的》な計量方法や、

タイミングの見計らい方をお教え下さるのが、

ななえ先生流

いちいち難しく考えなくてもできちゃうのです

卵焼きを作る新婚女性
厚焼き卵も初チャレンジ

上手にできて自信がつく秘訣は?

初めてでも、ちゃんと上手にできて

しかもたったの一回で自信がつく

その理由は、少人数制だから。

先生が生徒を一人ひとり、

手取り足取り面倒を見てくれて

足りないところはわたくし荻田がサポートするという

生徒4人に対しての、サポート2人体制

なので、大手企業のお料理教室にありがちな

✔︎ただ傍観していただけで身につかない

✔︎自分のタイミングで動けない

✔︎質問したい時にしづらい

といった残念な結果にならずに済みます

とても好評でしたので、また来月!と言いたいところですが、このとしま区民センターのキッチンルーム、人気がありすぎてなかなか借りられないのです涙

今格安で借りられる良い場所を探し中です!

決まり次第また募集をかけますので、

ご期待くださいね

お料理が完成してホッとする参加者
とっても美味しくできました♪( ´▽`)

ネガティブな人の婚活

生まれつきの性格を大切に

大丈夫!ネガティブでも幸せになれます

性格って、生まれつきの遺伝で3〜5割、育成環境で5〜7割決まるそうです

特に、ネガティブに物事を考えるか、それともポジティブかって、大人になってから努力や根性では変えられないのだそうです。

むしろ、ポジティブな考え方が正しいことで、ネガティブは間違っている、幸せになれないという単純な発想は良くないし、誤りだという認識が重要です

誰だってネガティブな時もあるし、ポジティブな時もあるそう思うかもしれませんが、根底にある思考のベースは必ず大きくどちらかに傾いているようですよ。

ここではあえて、ポジティブ傾向の強い人をポジティ、ネガティブ気質の人をネガティと呼ばせていただきます

今日は【もしかして私ってネガティかも?】

と思ったそんなあなたが幸せになるためにブログを書いています

※今回の投稿は心理カウンセラー歴25年、著書や講演も数多くされている心理カウンセラーの竹内成彦先生の著書をもとにまとめています
ネガティブになって落ち込んでいるマスク姿の女性

ネガティの婚活で気をつけること

知っておきたいことを4か条にまとめました。

1.情報発信している人の多くはポジティだと知ること

→だから、鵜呑みにして真似するとかえってこじらせる。根本的に物事の認知の仕方が違うので、歪みが生まれてきてしまうのです。

2.【引き寄せの法則】や【いい子をやめよう】と言ったスローガンに巻き込まれない

→これらのキャッチーでわかりやすいスローガンはポジティには当てはまるかもしれませんが、ネガティには自分らしさを見失うことにつながり、果ては深刻な婚活うつになりかねません。

スルーする勇気を持ちましょう。

3.ネガティが傷つき落ち込んでいる時の対処法を知る

→元々ネガティブなのに、婚活で心が傷ついたりしたら立ち直れない危険性があります。

特に感情を発散させたり、楽しい明るい場所へ出かけたりするのはNGですよ

4.ネガティのままで幸せになる

→もしかして、今までネガティな自分を責めて、ポジティになろうと努力をしていませんか?

ポジティはクヨクヨ悩まない代わりに、反省からの成長が少ないという欠点があり、また、未然に危険を回避する意識が薄いようです。

ネガティの方がミスを恐れるために、きめ細かい気配りができます。

恐れや不安を原動力にして、今日のテクノロジーや経済発展はネガティが成し遂げてきたのかもしれません。

ネガティにはネガティの素晴らしい面がある、と自覚することがスタートなのです。

曇り空とうつむき加減の女性

1.情報発信している人の多くはポジティ

ポジティは、人に物を教えるのが大好きです

とくに苦労してつかんだ成功体験や、発想を変えたら願いが叶いまくった

そういう体験談はお手のもの

超ラクでカンタン、ハッピーな方法論は大好き。

いわばマーケットに最適化した情報発信が得意なのがポジティの強み

しかも、悪気は一切ありません

だって、私はこう思うんだから、みんなもそうだよね!

さあ、一緒に幸せになろう!

ポジティの心の叫び

という具合です

そうか、ネガティなあなたが、「そうだったのか!」とばかりにその情報を鵜呑みにして真似っこしようとしても、必ず限界が訪れて疲れ切ってしまいますよ。

何しろ根本的な性格が正反対。

違いすぎるのです。

元気いっぱいのポジティブな女性

2.スローガンに踊らされないで

ポジティが作り出したと思われる、

わかりやすいキャッチーなスローガンはたくさんありますが、

中でも、

【引き寄せの法則】

は代表的なものではないかと、竹内先生はおしゃっています。

そもそも引き寄せの法則ってなんだかご存知ですか?

19世紀アメリカ合衆国で始まった、キリスト教における一種の異端的宗教・霊性運動の潮流ニューソートにおける信念であり、ポジティブな思考が良い経験を、ネガティブな思考が悪い経験を、人生にもたらすという考えに基づく疑似科学である

Wikipediaより

かなり強引な理屈なのですが、間違っているとは言い切れません

元々ポジティブな人には、とてもよく効果的に働くでしょう

それでも、やはりどうしてもエゴの暴走のようになってしまうのが、辛いところ

自分の損得だけでなく、周りへの気遣いを常にしている、感情の働きが大きいネガティさんにとって、自分の欲望のみクローズアップするということは不可能に近いのではないでしょうか?

また、願いが叶ったそばから新たな不安要素が次々に生まれるネガティさんにとって

理想が完全に満たされた、

なんの悩みもない結婚

というものはおそらくないでしょう

一つ、前へと進むたびに、幸せと不安がセットでやってくる

それがネガティの特徴で、ちゃんとメリットもあるのです

危機意識が高く、謙虚さを保ちつづけることを可能にしているのですから

傲慢さや油断とは無縁の人、

それが自分なんだと自己理解をしてあげましょうね

きっと最晩年には色々気苦労をしたけれど

いい人生だったと思うことでしょう

もう一つのネガティーを苦しめるスローガンは、

いい子をやめよう

だそうです

多くの場合、ネガティさんは人から嫌われないために、

あるいはいい子だね、と褒められて安心を得たいために

いい子であろうと努力をしてきたのではないかと思います

ここでは、子供タイプと大人タイプの軸も関連してきますが

子供タイプでネガティーな人なら

いい子をやめたら、どう生きていいのかわからない

と途方に暮れるのではないでしょうか?

なにしろ私自身がそうだからよくわかります

でも一方で【万人に対していい子でありたい】というのは、まず現実的ではありませんよね。

だから、【本当に信頼できる人に対してにだけ、いい子であれ】と竹内先生は推奨しています。

本当に信頼できる人とは?

本当に信頼できる人、を親と決めた場合には

親が気に入った人と結婚することが幸せ、となるでしょう

そうなった時には親の意見に素直に従うのが正解かもしれません

または、本当にその人があなたを大切にしてくれるかを、
私が手伝いながら、見極めていく必要が生まれてくるでしょう

ウエディングドレスを着た花嫁

ネガティーがやってはいけないこと

お気づきの通り、ネガティはしばしば落ち込みます

特に婚活のように感情の振れ幅が大きい作業に関しては、ひどくナーバスになっていていも不思議はありません。

ポジティさんはこう言います

思いっきり感情を発散させろ!

テーマパークやコンサートで大はしゃぎして、嫌なことなんか吹っ飛ばせ!

そうすれば、塞ぎ込んだ気持ちなんか忘れてしまうよ

ポジティのアドバイス

ごめんなさい、ネガティには逆効果です

落ち込んだ時に誰かの悪口を言いまくったり

わんわん泣いたりなんかしたら後で必ず自己嫌悪に陥りますし、

テーマパークに行っても少しも楽しめないで帰ってくるのではないでしょうか?

ネガティが本当に落ち込んだ時は、むしろしんみりした静かな場所へこもりましょう

明るい場所よりも、夕暮れの土手や日本庭園のような侘び寂びの世界にどっぷりハマった方が気持ちが安らぐでしょう

そして辛く悲しい感情を、しんみりとひとしきり味わったなら

後は【無】になって手や体を動かすことをおおすすめします

ジョギングでも水泳でも結構、楽器の演奏や掃除なんかもいいですね

私の場合はむしゃくしゃするとよくお菓子作りをしました

とても集中力を必要とするので、お菓子が出来上がる頃にはメソメソしていた気持ちがすっかり消えて美味しくいただけるのです

クッキーと紅茶でティータイム

ネガティのままで幸せになろう

ネガティブは悪いこと、ポジティブはいいこと。

誰がそんなふうに決めつけたのでしょう?

多くの偉大な芸術家は、悲しみや不安といったネガティブ感情を、絵画や小説、あるいは音楽や映画の世界で美しく表現して、多くの人たちの心に癒しと感動を与えていますよね。

胸を張って

私ってネガティだから、

人一倍感情の動きが大きいの

そう思っていいのです

きっと本当に心からの涙が出るほど幸せな瞬間を、味わい尽くすことができるのも、ネガティの特権なのかもしれませんから!

未来が怖くて、いても立っていられない

そんな人はね、ネガティでもポジティでも

【安定した心を持つ人】をお相手に選ぶと良いですよ

いっそネガティ同士の方が理解しあえるでしょう

私の夫も、実は極度の心配性

そして事前準備をかなり念入りにするタイプ

だけど、メソメソクヨクヨはしていない、

普通にテンション低めの安定したタイプです

外からはポジティな人と思われているようですが、

やたらに外出はせず、休日はお家の中で、

好きな映画を見たり音楽を聴いているタイプです

そういう安定したメンタルの人のそばにいると

もう訳もなく怯えなくていいんだ

と、安定した気持ちがだんだん伝染してきて

あなた自身も安定した気持ちで過ごすことができるでしょう

私も、夫のおかげでずいぶん安定した人になったものです

なにしろ、28年も人生を共に過ごしてきたのですから!

参考書籍
「すっごく心細い」がピタリとやむ! 竹内成彦著(すばる舎 2013年1刷)
注 なお、本当に精神を病んでいる方には精神科のお医者さんによる専門的な治療が必要です
速やかに受診をして、治療の上ご入会下さい

ポジティブなふりをしているネガティ

世の中の、ポジティブへの賞賛(なにしろポジティさんは発言量が多いものですから)の流れ中で、ついそれと気づかずポジティを演じているネガティさんも沢山いるはずです

自分の本当のところを知りたい方は、

ぜひ一度無料面談を受けてみてくださいね

LINE,メールでもお問い合わせ可能です

ぶどうの樹結婚相談所 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その5

男性の婚活は会話力が8割

会話力が婚活での明暗を分ける

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される、残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その5

仕事の話ばかりしてしまう人

はっきり言って退屈なんです

まずは毎日お仕事、お疲れ様です

仕事はそこそこに、婚活が人生の最優先課題!

という女性が多い一方で、男性の婚活はまず仕事ありきです

というのも、昔から

✅ 男性は仕事がノっているとき、昇進したときに結婚したくなる

✅ 女性は仕事が思うようにいかない時、壁にぶち当たった時結婚したくな

という特徴が往々にして見られるのです

やはり、女性と結婚する際に【あなたを幸せにします!】

という言わないは別にして、そのくらいの気持ちでプロポーズに臨む男性と

結婚とは幸せにしてもらうもの

という受け身の意識がまだまだ強い、

女性側の意識の問題でしょうか

仕事の話をすると落ち着く

話はそれましたが、

普段からお仕事モード100%で生きている男性は特に

趣味があまりなかったりすると、

仕事の話を始めたとたんにスイッチが入ってしまうようです

✔︎技術系、IT系など専門用語の羅列

✔︎俺ってすごい仕事してるんだぜというアピールタイム

✔︎お客様やお得意様関係の愚痴

✔︎上司や部下とのやり取りの詳細

そんなこと初対面の私に詳しく言われても、

リアクションに困るわ〜(T . T)

というかとっても退屈…

この人一体何しにきたの?お見合いだよ?

婚活女子の心の声

と思われていると気付いてください

少しはしてもいいのです

例えば

✔︎ 出張が多くて特に北海道や沖縄へはよく行っている

✔︎ 残業はあまりないが、月に一度くらいは休日出勤がある

✔︎ 一年に一回は昇進試験があり、今はちょうど勉強中

✔︎ 福利厚生がしっかりしていて有給休暇が取りやすい会社

✔︎ 全国に支店があり、転勤が頻繁にあるが出世も早い

なんていう情報はむしろ

お見合いの時に言ってよ〜〜〜〜

婚活女子の心の声

って女性側は思っています

女性にとって、興味がある話に集中して情報を出した方が

自分が気持ちいいだけの話をだらだらする人

という印象にならずに済みますよ

ちゃんと相手の表情を見て話そう

どうして男性って、お相手が興味を持って話を聞いているかどうかがわからない!

ということが頻繁に起こってしまうのか?

それは、

自分が楽しいことは、きっと相手も楽しいだろう

そういう推測が働いているからです

ごめんなさい。

実は男性だけではないのです。

女性の意味のない長話も同様ですよね。

男性からしたら、それこそ山も落ちもない【くだらない話】を女性から延々聞かされてウンザリするなんていう経験、男女交際ではあるある中のあるあるです。

それを人生において、最も重要なシーン、運命の分かれ目

お見合いの場でやらかしてしまわないよう、気を付けましょう

女性の退屈サインを見逃すな

女性は退屈サインは態度に出る

髪の毛をやたらといじったり

携帯電話を気にしたり

隣のテーブルを気にしたり

寒いとか暑いとか足が痛いとか

どうにも気が散っている様子を女性がしだしたら、

《もうその話はいいの、察して!察して!》

と無意識にアピールしていますよ

逆に、話しているあなたの目を見て、そらさなかったり

熱心にうなづいて、質問をしてきていたら

もう少しその話は続けても大丈夫

ただ、いずれにしてもお仕事モードが長すぎると

上司みたいで怖い

男として見れない

すぐにキレて怒りそう

と、ブロックがかかってしまうので、

お見合いの場では仕事の話はサラッとにしておいた方が無難です

詳しいお話は、交際が始まってからでも十分間に合うのですから

逆に仕事の話は守秘義務があって一切外では喋らない

国家公務員や医師、弁護士、税理士などがモテるのは

何も職業バイアスだけでなく、仕事の話をしない分だけ

仕事以外の深い話をたくさん出来るためかもしれません。

上司への不満を必ず言ってしまう男性

だいぶ以前にいらっしゃいました

会社では重要なポジションを任されているのですが、

上司が大変なミスをしてしまったたせいで、

なぜか自分までも格下げされてしまった、という男性。

同じ男性とお見合いした、複数の女性から話を聞いているのですが、どうやらよほど悔しいらしく、毎回そのことをお見合いの席で憎々しげに語らずにはいられないようなのです。

ルックスも学歴も収入も決して悪くない、一見素敵な男性なのですが、

一緒にいると安らげない

と必ず女性が漏らし始めるので、どういうことか詳しく話を聞いてみると、そう言った失敗をいつもいつも繰り返していることがわかりました。

自分は仕事ができる男だ!

という自覚がある男性こそ、この地雷は踏みがちです。

出来る男アピールポイントになるので、きっと女性からプラス評価されると思い込んでいるのです。

上司や部下のダメっぷりをやたらぼやいたり、他にも、専門的な仕事の主に自慢話を、食事をしながら1時間みっちり聞かされて根をあげた、という女性からの報告も聞いています。

仕事の愚痴や自慢話は最小限にしておいた方が、婚活ではうまくいくと思っておいた方がいいでしょう。

何を話していいかわからない

仕事人間なので、仕事の話を禁止されたら、話すことが何もない

そんな人がたまにいます

そんな人は、自分のことを話すよりも、まずお相手のことを聞いてあげてください

また、今まで仕事人間だったとしても、今まさに愛する人を見つけて新しい家庭を築こうとしているのです。

どんな家庭を持ちたいのか、これからしたいことを二人で一緒に見つけるためのお話をたくさんしてくださいね。

それに、子供時代から仕事人間ではないはずですよ

学生の頃はどんな風だったのか、家族とはどんな関係を築いてきたのかをお相手はきっと聞きたいはずです。

話すべきことが何もない人なんて、一人もいないのです。

まとめ

さて、ここまでお読みくださり、本当に有り難うございます。

お見合いで失敗する男性がやらかしている、5つの地雷について連載させていただきました。

1、しゃべらない人

2、目線を合わせない人

3、愚痴や悪口をいう人

4、家族の自慢話をする人

5、仕事の話ばかりする人

でした。

あらかじめ知っておけば、踏まずに済む地雷ですよね!

ぜひあなたの婚活の参考にしてくださいね。

次回は《地元での結婚希望を叶えたい人》のためのお話を書いていく予定です!

お楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その4

男性の婚活は会話力が8割

会話力が婚活での明暗を分ける

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される、残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その4

家族の自慢話をしてしまう人

もしかして、マザコンなの?

その1、その2はしゃべらない、目を合わせない、ときて

その3は、余計なことを喋るパターン【悪口や愚痴を言う人】でした

その4は、一見ポジティブにも見える、家族自慢。

え?別に良いでしょ?

だってうちの親って本当にすごいんだから

自慢したってさ

もしもそう思ったならば、かなりの危険信号

大の大人が初対面のお相手とのお見合いで、

親自慢をしすぎるのはよろしくありません。

お見合いで家族の自慢話をする婚活男性

特に危ない、母親の自慢

これってお母様ご本人が聞いたら、泣いて喜びそうですが、婚活女子にしてみたらドン引きです

✅ うちの母は家柄がよくて美人

家事も仕事もパーフェクトにこなす

✅ ご近所でも評判のできた嫁

✅ キャリアウーマンとして物凄い実績

どれもこれも、婚活女子にプレッシャーしか与えません

しかもこんな話をされたら、とりあえず

わあ、すごいですね〜お母様って

以外の返しようがないじゃないですか(汗)

うちのお母さんの方がもっとすごい

なんて言ったら男性のプライドを傷つけるし

それがどうかした?なんて言おうものなら

きっと憤慨してしまうでしょう?

じゃあママと結婚すれば?

もしも自覚がないなら危ないのです

特に、かなり多くの男性は

なんだかんだ言っても理想のお嫁さんは自分の母

というケースよくあります

悪いことではありませんので、誤解しないでください。

それってすごく自然なことなの。

だって、自分がまだ歩くことも喋ることもできない幼い時から

あなたを教え導き、ご飯を食べさせて、守り育て

一人前にさせてくれた恩人が母親なのだから

感謝とリスペクトをするのはむしろ当然のこと

だからこそ、

うちの母は特別にすごいんだ!

という思いは大切に心の中にしまっておきましょう

オンラインでお見合い中の女性

お母さんどんな人?って聞かれたら

例えばお母さんは専業主婦?と聞かれたら

普通にイエス・ノーで答えれば良いのです

どんな人?と聞かれたら、

明るくて話しやすい人とか

作る料理は和食が多いかな、父とは仲がいいんだ

あるいは離婚してから女で一つで自分を育ててくれた

などなるべく淡々と答えた方が好印象です

色々ご苦労をされたのなら、

ずいぶん苦労して育ててもらった、

くらいは言っても良いけれど

だから僕はママと一緒に出かけるのが大好き!

とか

お母さんみたいな人と結婚したい!

というニュアンスを匂わせると

女性はたちまち警戒してしまいますよ

何と言ってもお母さんがライバルというのは

女性にとって立場が悪すぎますから!

ちょっと引いている婚活女性

精神的に自立できていない男性

精神的に依存していませんか

最近の婚活男女を見て感じる印象ですが

ご家族の仲が良すぎる人は、少し自立した方が良さそうです

血の繋がった家族なのだから、

一緒にいて楽なのは当たり前です

でも結婚ってその閉じた世界から一歩外へ出て、

自分とお相手とで新しい家庭を築くこと

そもそもそのための婚活ではありませんか?

親の自慢話ばかりしている暇があったら

お相手のいいところを、

一つでも二つでも見つけて褒めましょうよ

スーツ姿でハートを作るポーズの男性

結婚はまずは本人同士の問題

うちのパパはすごい、ママは最高という自慢や

あるいは兄弟姉妹が立派すぎて自慢したくなる

そんな時はぐっとこらえて

自分の魅力は何なのか

お相手の魅力は何なのか

にクローズアップしてみましょう

婚活では、ご家族が立派かどうかよりもまずは

お二人の相性やあなた自身の魅力が最優先課題です

そして、先ほどもお伝えしたように

親ご様が魅力的に見えるのは誰でも同じ

それをあえてペラペラと喋りすぎると

子供っぽくみられるということを忘れずにね!

遠回しにけなされているように感じる

人によっては、ご家族の自慢話が遠回しな【当てこすり】のようにも感じられてしまいます

もしも万が一、あなた自身が《僕には親以外に自慢できることが何もない》と感じていても

だからと言って婚活で親じまんに頼るのは間違いですよ。

同じ人でも相手が変われば違ってくる

そして、これも面白い例ですが、典型的なパターンなので仮名でお伝えします

やすおさん(仮名)がお見合いした、美子さん(仮名)と花子さん(仮名)がいました

同じやすおさんについて、お二人の感想が全く違うことがあったのです

美子さんは、やすおさんは無口でつまらない魅力のない人だった。2度と会う気がしない

といい

花子さんは、やすおさんは口数は少ないけれど誠実そうで感じの良い方でした。ぜひ交際したい

という。

こんなことはザラにありますよ

自慢できることがない?

自分には何も自慢できることがない、なんて思わなくて大丈夫!

見る人によってはちゃんと魅力が伝わります

というか、、、

もしも本当に自慢できることが何もないと思うなら、

今すぐにでも何か始めればいいのです!

自分らしく、楽しめることを、無理のない範囲で、ですよ

婚活は《できること》を継続してやってみる挑戦

理想のお相手を絵に描いて眺めるだけで叶う、

なんて楽で都合のいいことはありません。

もちろん言語化することは夢実現の第一歩ですが、

手も足も動かさないで、ただ待っているだけではダメなのです。

だからと言っていきなり無理難題をこなせなんて言いませんよ。

皆さん、お勤めしながら、日々の生活をこなしながら、婚活していることは重々承知しています

そんな中でも一日1mmでいいから、小さな一つのいい習慣でいいから

何か自分を成長させるチャレンジをしてみましょう!

自分自身の努力とその結果得られた成長って、

実感し始めるとすごく楽しいので、病みつきになりますよ

そうしたら、家族の自慢をダラダラ話すなんてことはきっと無くなりますからね!

お見合いの会話で即お断りされてしまう、

怖ーい地雷がまだあと1つ。

明日は《仕事の話ばかりする人》です

これ冗談抜きで本当にあるあるなのでぜひご期待くださいね

男性向けの【婚活デートでの5つの地雷】5回連続で書いています、どうぞお楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳

婚活男性の断られパターン5選 その3

男性の婚活は会話力が8割

婚活で成功する男性は会話力で差をつけている

くどいようですが、多くの人が誤解しているのですが

婚活で成功している男性の一番の魅力は実は【会話力】

今回は、お見合いで即終了される残念な男性の会話のパターンを5回連続でご紹介していますよ

ぜひご自身の婚活の参考になさって下さいね!

婚活がうまくいかない男性

その3

悪口をいう癖がある人

なぜ不満ばかりいうの?

その1、その2はしゃべらない、目を合わせない、ときましたが

今回その3は、むしろ

余計なことを喋るパターンです

会社の悪口、上司や部下がバカとか無能とか

友達がみんなレベル低い

この店の店員は教育が全然なってない

果ては、芸能人のことまで

《あのアイドルっていうほど可愛くないよね、目の下のクマすごくない?》

なんていう人、たまにいますよ。

こんな調子で、こんにちは、よろしくお願いします、と座ってから

ず〜っと世間や他人の不平不満をいうのは即刻やめましょう

これをやられると、ほとんどの女性が

かなりいやーな気分になります

デリケートな女性ならば、ちょっとしたトラウマになることもありますよ。

なぜってそれは、

多分お見合いが終わってから

私のことも悪くいうのではないかしら?

当然そういう推測が成り立つからです

あなたは大丈夫ですか?

こういう人はどちらかというと、

自分は被害者であり、同情されてしかるべき

ネガティブでも客観的な意見だから正しい

などと自分を正当化する癖があるので、なかなか治りません。

悪いのは周りのみんな、自分は全く悪くない

という幼い考え方が根底にあるのです

ネガティブな気持ちを全部おしころせとは言いません

それを聞いた人が、例えば婚活でなくとも不快になるようなことを

しかも初対面であえて言い続けるのは、もはやハラスメントなのです

そのことをお伝えしておきたいのです

器の大きい男性は人に恵まれている

俺様は才能あるのに人に恵まれない、なんて人はいません

大成する人は大抵こういいます

「自分の能力だけではない、周りの人たちが応援してくれたからやれたのです」

まわりの人たちに散々足を引っ張られて、

それでも大成功する人もいます

そういう人は、周りが足をひっぱてくれたからこそ

何くそ!

という思いで頑張れた

だからむしろ感謝しています(byイチロー)

そうでない人ほど、

後輩が無能なせいで出世が遅れているとか

上司が馬鹿なせいで、昇進させてくれない

なんて、特に仕事の愚痴が多いものです。

いいですか、厳しい事実ですが

仕事の愚痴ほど婚活女性を萎えさせるものはありません

なぜならそれこそそんな人と結婚したら

毎日毎晩、愚痴を聞かされる人生を送らなければならなくなるのが目に見えているからです。

そして、そんな器の小さい男性の妻になるのなんて、誰だってまっぴらごめんだからです。

心の叫びをパートナーに受け止めてもらいたい

こういう男性にだって言い分はあるでしょう

結婚するんだから、頭の中がお花畑じゃあ困るさ

仕事や世間との軋轢で苦しんでいる、

僕の心の重荷を少しでも負担してくれてこそ、

夫婦としての価値があるのではないのか?

ごめんなさいね〜

好んで苦労したいと思って、

わざわざお見合い結婚はしないんです

なるべく苦労はしたくない

それどころか、、

自分の希望をなんでも叶えてくれるスーパーマンみたいな男性がいたらいいのに

婚活初期の女性の気持ちは、概ねそんなところ

何人もの婚活女性から聞いた言葉ですが、

・お相手の住まいは、私の家から近いところがいい、できれば同じ〇〇区内

・仕事は続けたくないけど、家事もあんまり得意じゃない、だけど子供は欲しい

・できれば一戸建てを買って欲しい、だけどローンとかの負担は全て男性に背負って欲しい

みんながみんなではないですが、こういう希望をよく耳にしています

嘘だろ!どーしろというんだ??

って思いました?

どうもこうもないのです。

多くの未婚女性は現実をまだ知らない、それだけのことなので許してあげてね

徐々に現実に直面しながら学んでいる途中なの

日本では結婚するかなりの女性が、何十年と連れ添った愛着のある自分の名字を捨てて、お相手のもとへ嫁ぐのです。

何かしらの見返りを期待するのが、リアルな女ゴゴロというやつなのです。

(いつかはこういう文化が廃れる日が来るかしれないけどね)

女性が自己犠牲を払う時

では男性はただひたすら我慢をしなければいけないのか?

女性のわがままを、黙って受け入れる以外の選択肢はないのか?

違います。

女性が本当に愛に目覚める瞬間までは、いささか時間がかかるだけなのです。

それでも男性の名字になって、一緒の屋根の下で暮らし始めて

毎日一緒にご飯を食べたり、一緒に眠ったりしているうちに

自分の身を削ってでもこの人を支えたい

という夫婦としての責任と愛情に目覚めるの。

そうなる前から、愚痴や不満ばかりの男性に対しては、

なかなか女性は何かを捧げる気持ちになれない、ただそれだけのことです

(捧げるとかいう言葉自体、非常に問題ある気がしますが、実際のところ何かを捧げあうのが家族であり、本質的な愛情表現なのではないでしょうか?)

もう一つのNG理由

物事をいつも他人のせいにする人は、

なかなか幸せにはなりません

大成する人の成功哲学の基本は

自己管理

自己責任

自己批判

他者支援

そしてプラス受信

だそうですよ。

すでに起きてしまったものごとを、

プラスに受け止めるのか、それともマイナス思考で自分はかわいそうな被害者だと思うのかは

自分自身の選択です。

仮に今いるのが本当にろくでもない会社だったとして

その会社を選んだのも自分

その会社で働き続ける選択をしているのも自分

転職をしようと努力していないのも自分なのです

今から10年後には、現存する約50%の職業が

消えてなくなっているとも言われるこの時代

不満を言っている暇があったら

自分を高める努力をしていた方が健全よね?

そう思いませんか?

男性は達観する方法を学ぼう

結婚を夢見ている女性の多くは、

正直あたまの中に理想の王子様が住んでいます

経済力もあって

包容力もあって

尊敬できるような立派なお仕事をしていて

私の意見をいつでも尊重してくれる

そんな王子様がきっとどこかにいる

と、うっすら思っているのです。

しっかりしている女性ですら、あわよくば楽ができるのではないか、

と考えない人はまずいません

男性だって、本音を言えば炊事洗濯に始まり

家計のやりくりや老後の人生のこと

親の世話などを誰かに背負って欲しい、

そういう側面があるのではないでしょうか?

私見ですが、

家庭とは、二人で役割を半分こすることで

よりパフォーマンスを高めることが可能な

合理的システムです

どうぞ不満を不満で終わらせずに

次のステージへの原動力になさっていただきたいと

老母心ながら思う次第です

お見合いの会話で即お断りされてっしまう、

怖ーい地雷がまだまだあと2つ。

明日は《家族の自慢をする人》です

男性向けの【婚活デートでの5つの地雷】5回連続で書いています、どうぞお楽しみに!

婚活アドバイザーの荻田由佳との個別カウンセリングを受けてみませんか?

まずはお問い合わせ、資料請求からどうぞ!

初心者専門 婚活アドバイザー 荻田由佳