子供が欲しい、を叶えるプレ妊活

相手さえ見つかれば妊娠できる?

ご紹介します

女性のご入会者様のリアルな声です

子供が欲しくて、結婚したいのです

もうすぐ35歳、無理でしょうか?

そういってご来所くださった都内上場企業会社員のMさん

婚活相談にくる
女性

30歳のうちに絶対ひとり目を産みたい!

100人でも200人でもお見合いします

そう言って駆け込んでこられた29歳のNさん

アラサー婚活女子

当結婚相談所に駆け込んで来られる方の多くがお子さんを望んでいます

そして、彼女たちにはあっというまに50~100人ほどのお見合い申し込みが殺到しました

とにかく結婚して目的を達成すべく、とても意欲的に婚活をしてくれましたよ

35歳以下なら多い選択肢

ここで現実をお伝えしておくと、

34歳までなら、控えめに言ってかなり結婚相談所では有利です

それも、東大や早稲田、慶応、国立大学の大学院卒、

果てはハーバード、オックスフォード大学まで

いわゆるエリート男性からのお申し込みがありますよ

(もちろん個人差はあります)

彼らは、確実に子孫を残すために、

女性の【年齢と育ちの良さ】を気にしています

イケメンから高年収、同世代から年下、

一回り以上年上まで(汗)

実に様々な男性がお申し込みして来られるでしょう

では35歳を過ぎたら女性の婚活、どうなると思いますか?

35歳からは戦国時代が始まる

35歳からは、婚活での競争が一気に激化します

なぜかというと、35歳を過ぎてから、慌てて結婚相談所に入る女性が本当に多いからです

いわく、36歳くらいから、

自分がいいなと思う人からは申し込まれず

対象外の人からばかり申し込まれる

という状況が多発するのです

なぜでしょうか?

それは、36歳から40歳まで同世代のライバルが沢山いるから、

その中での【微差の競争】が起きているのです

36歳からの婚活は戦略が必要

ご存知の方も多いとは思いますが、妊娠力は35歳を境にガクンと落ちると言われています

もちろん個人差はありますが、

きっと多分私は大丈夫、妊娠できるに違いない

とご本人が思っていても、異性がそう思ってくれるかどうかは別問題なのです

そこで必要なのは戦略です

可愛い、清楚そう、なだけではダメでそこそこの積極性も打ち出してかなくてはいけません

かといって可愛げがない、ガツガツしている、と思われてもだめ

・キャリアを持って自立している

・何か一生ものの資格を保有している

・将来の人生設計がしっかりできる

・賢く節約ができる

・大人の色気がちょっぴりある

など精神的、経済的に大人である=男性が甘えられることが、よりアピールにつながる世代と言えるでしょう

あとは、おひとりひとりの個性と魅力を引き立たせるようなプロフィールで、まずはお見合いのお申し込み成功率を上げていくという作業が必要なのです

36歳以上の婚活お姉さん
ほんのり香る大人のセクシーさが鍵

不妊治療は万能ではない

実は当会では【39歳から婚活を始める】という女性も少なくありません

そして当然のように『子供が欲しいので婚活します』とおっしゃいますが、、

・不妊治療にいくらかかるのか

・どのように女性の体と心に負担がかかるのか

・結果二人の関係にどう影響するのか

をある程度予備知識として知っておくとよいでしょう

不妊治療大国と言われる日本ですが、その成功率は100%ではありませんよ

不妊治療の成功率も、年齢とともに下がっていくことをご存じでしょうか?

気になる方は、

不妊治療の成功率

で調べてみると良いでしょう

それを理解した上で、夫婦が力を合わせてチャレンジする、という気持ちがないと、妊活で夫婦の気持ちがすれ違うということもよくある話です

または、すでにお子さんがおられる方との結婚も視野に入れることをお勧めします

最速でママになりたい!をサポート

血めぐり美人クリエーター・保坂愛美先生

結婚相談所に登録している20代〜42歳のほぼ90%以上の女性

そして50歳までの多くの男性が〈できれば子供が欲しい〉と言っています

子供が欲しいと言っているだけでは、妊娠はできません

わかってますよ!だから一生懸命婚活してるんじゃないですか!

と言われそうですが、実は婚活してるだけでは、妊娠可能年齢までに手が届かないのです

そのあたりのお話を、数々の妊活女性を妊娠・出産へと導いてきた専門家である保坂愛美先生にお聞きしてきました

彼女の肩書きは、

血めぐり美人クリエーター

元気な赤ちゃんを産み、母子ともに健康的に過ごすためには〈血の巡り〉を徹底的に改善する必要があるとのこと

そのために栄養や運動など生活習慣を改善し、夫婦の関係性構築なども含めて様々な角度から授かり体質指導をしている専門家なのです

血めぐり美人クリエーター保坂愛美先生
血めぐり美人クリエーター 保坂愛美先生

つらくない子育て生活

ちなみに保坂先生自身が去年赤ちゃんを産んだばかりのベビママさん

ご自身の体とメンタルの管理はバッチリで、ここがすごいのですが

・赤ちゃんが夜泣きしないから自分もよく眠れる

・旦那さんをイクメンに教育していて遊びに出かけられる

ことに成功されて

〈全然つらくない楽しいだけの子育て(ご本人談)〉を満喫中なのです

そうなるためには、付け焼き刃ではいけません

婚活中からしっかり体質改善、そしてご自身をまず大切にするというメンタルを育てる必要があるとのことなのです

新生児のイメージ
健やかな赤ちゃん

婚活と同時に始めるべき、プレ妊活

でもお相手がいないんじゃそもそも話にならならいでしょ💢

そう思った方、残念。

ちょっと甘いんです

お相手が見つかってから体質改善していたら、体質改善するだけで下手すると半年かかってしまうのです

そこから子作りに励んで、ああだこうだしているうちにすぐまた一年が過ぎ、不妊症と診断されて婦人科に高額で辛い治療を行うハメになりかねません

また、男性の食生活やストレス管理、睡眠などの環境を新妻が素早く整えることで、男性側の〈あっちの〉コンディションもコントロールできるようにお勉強できるのがプレ妊活のすごいところ

これからはプレ妊活を花嫁修行(死語💦)の必須科目に入れる必要がありそうですね!

ぶどうの樹結婚相談所では、ご希望の方に血めぐりクリエイターの保坂先生のオンライン相談や楽しいプレ妊活講座を無料体験できるコースをご用意しております(20代、30代限定)

生理のお悩みや、婦人科系のトラブルのこと、妊娠、出産または性交に関する不安なども、アラサー世代のヤングママにフランクに質問できますよ。

ぜひお気軽にお問合せくださいね!

LINE,メールでも資料請求、お問い合わせが可能です

公式ラインはこちらから

https://lin.ee/7U822ro

ぶどうの樹結婚相談所 荻田由佳

淋しいから結婚したい

さみしさ、不安からの脱出

コロナ生活になって、

自分はこのまま一生ひとりぼっちで生きていけるのかしら?

そう不安を感じている方が増えていますね。

家族や友人、職場で人と接していた時は

なんだかんだ刺激があったり、

会話をしていたりしますからね。

東京大学高齢社会総合研究機構の村山洋史・特任講師によると、

孤独というのはそれだけで健康に悪く、

死のリスクを高めるそうです。

今日は孤独のリスクについてご紹介していきます。

※ちなみに、「孤独」とは精神的な寂しさであるところの「孤独感」と、実際に社会とのつながりが希薄であるという意味での「孤立」両方を含む概念です

出典URL https://globe.asahi.com/article/12993641

ひとりぼっちで川岸にうずくまる女性

一人暮らしの男女は危ない

仕事はオンライン、友達ともSNSでしか繋がっていない、

と言う人も増えているのではないでしょうか?

村山先生によると、

「社会的つながりの少なさ」が死亡率に与える影響を調べた研究は様々あります。結果は少しずつ違うのですが、それらを集めて分析した研究が2010年に出版されました(※1)。不健康の王道のような、喫煙、飲み過ぎ、太り過ぎ、運動不足よりも強い影響力があるという結果が出ています。同様に、「孤独」や「孤立」も、死亡率をかなり引き上げることが分かっています。

これだけで見ても、ひとりぼっちは危ないなあ、

と言うことが読み取れると思います。

時々、有名なカウンセラーさんでも

「さみしいから結婚したい

という自分中心な動機で結婚してはダメ」

と発言していらっしゃる方もいますが、

私は全然ありだと思います。

そもそも人間、いや生物にとって

最も重要なテーマは

【生存】すること。

勝ち負けとか、楽したい、リッチになりたいと言うのは一旦おいておいて、

さみしいから一刻も早く結婚したい!

という動機は、生存本能に直結した、至極まともな動機だと思います

孤独な少年

SNSはむしろ孤独感を強める!?

今更SNSを悪者にするのはどうかと思いますが、

そういったデータもすでに出ているそうです(※3)。

例えば、Instagramに上がってくる、友達や知人のいわゆる「リア充」な画像にあせりや嫉妬心など、心の痛みを感じる事はありませんか?

一方発信している側も、SNSの中だけではすごく豊かで、【まるで成功者のように振る舞っている】自分自身に虚しさを感じていたりますよ。

これでは孤独は深まる一方ですよね。

夕暮れの海岸に寄り添うカップル

リアルな人との繋がりとのバランス

対処法としては、SNSをやりつつも、

あなたが実際に言葉を交わせる人、

生身のあなたをちゃんと大切に考えてくれる人に

まず繋がりましょう。

前出の村山先生によると、

バランスさえ取れていれば、

SNSをすること自体に問題ないそうですよ。

そいう意味では、婚活って理想的なもの。

まずアドバイザーと繋がれますし、

《結婚を前提とした》活動をしている人同士が出会えるからです。

さみしい、孤独な今の環境を180度変えたいなら、

おすすめなのは婚活なのです。

手を繋いで歩くカップル

いつかは結婚、なら今動こう

厚生労働省の調査によると、適齢期の独身者の9割が

「いつかは結婚したい」と答えています。

じゃあなぜ婚活をしないのかって、

多くの場合、いつかそのうち運命のお相手に偶然に出会える、という幻想を持ち続けているからです。

冷静に考えてみたら分かりますよね?

同じパターンの暮らしを続けていたら

運命の人に偶然出会うって、確率が低すぎてなかなか難しい。

しかも今のあなたは、運命の人に出会ったとして、すぐに受け入れられる状態ですか?

心と体のコンディション、大丈夫?

そしてそのまま、5年10年が経過しても

今の素敵さを保っていられるのでしょうか?

一人で抱え込まない

婚活は、結婚をするのだ!というご自身の決意表明のもと

アドバイザーと二人三脚であなたにマッチした、

いい結婚相手を見つけ出す共同作業。

ご入会して婚活を始めた瞬間から、すでにもう、

あなたは一人ぼっちではありません。

あなたの運命の人は、もしかして先に結婚相談所に

登録済みで、他の誰かとお見合いしたり交際したり

してあなたを待っているかもしれませんよ♬

赤ちゃんを高く抱き上げる新婚カップル

いつかは赤ちゃん、ならば

厚生労働省の調査によると、

独身で結婚願望がある人のうち約3割が

「子供は絶対欲しい」

と答えています。

そう思いつつも何しないでここまで来てしまったならば、

どうぞお急ぎください。

女性は赤ちゃんが産める体の年齢に上限がありますし、

男性も精子があれば必ず妊娠ができるというものではありません。

年齢とともに、妊娠させる力が弱まっていくのは男性も女性と同じ

その手に可愛い赤ちゃんを抱っこしたいのでしたら、

まずすぐに婚活すること

そして、婚活と同時スタートで、健康管理もはじめましょうね!

健康的な食事の例

結婚相手の最大の条件は健康

あえて誰も言いませんが、

不健康な人は選ばれませんよ

言わないのは当たり前すぎるからです

特にこれから人生100年時代

不健康なまま、重い病気を抱えて生き続けるのは

パートナーにとっても大きな負担です

幸せに生きるために何よりも財産となるのが健康、

そう心得ましょうね!

生まれつき体が弱いならば仕方ありませんが、

生活習慣で改善できることがあるならば

前向きに取り組んでいきましょう!

荻田由佳の無料の婚活カウンセリングを受けてみませんか?

🔻画像をクリックしてご予約くださいね!資料請求もお待ちしております♬

初めての婚活を平均6ヶ月で成婚へ導く婚活アドバイザー荻田由佳

外見磨き?それとも内面?

婚活での最重要課題はどっち?

こんな議論を最近この業界界隈で耳にしました

結局のところ、どんなに内面を磨いても、外見がよくないと結婚出来ないよね〜

ちょっとお待ちください

誰が内面だけ磨けと言いましたか?

結論から言います

内面も外見も、両方磨いてください

ただし!優先順位は内面です

なぜって、外見だけ磨けば、異性からお申し込みはくるけれど、

交際が進むについれて

😭 一緒にいてうんざりするようなネガティブ発言や、

😭 WIN-WInでない自分勝手な結婚への妄想

😭 自分中心で思いやりが足りないところ

そういったところが丸見えになってきて、

交際が維持できない(T . T)

からです。

結婚相談所では、基本的には交際が3ヶ月は維持できないとなかなか結婚はできません

万が一見た目の魅力だけでスピード婚をしても

残念ながら、待っているのは即離婚!

また、外見がよくなったことで、中途半端にモテ気分を味わってしまうため

おごりや慢心から、

思考と行動を健全に変える努力

=人格を磨く努力をしなくなる

という残念な面があります

だから、内面磨きを強調しているのです

たまたまぶどうの樹結婚相談所に所属している会員さんたちが、外見が良いからでしょ!

と突っ込まれるとなんとも言えませんが💦

幸せ婚への近道とは

わたくし荻田が提唱しているのはインサイドアウトという考え方

ただし、インサイドアウトは、あくまで順序の話です

先に内側(インサイド)を充実させて、それから外へ(アウト)と表現する

それがインサイドアウトです

わかりやすくいうと

私ってこういう考えのひとなんです!

というラベル張りが外側の役割だから、

中身が牛乳なのか、ビールなのか、お茶なのか、コーラなのかも決まらないうちに

『今これが世間では売れてるから』

とトクホのお茶のラベルを貼るようなことは無意味なんです

買ってみてふたを開けて飲んでみたら、

不味いっ!!💢ってなるだけよね

例えば、想像してみてください

毎日きれいにヘアセットをして、ネイルもバッチリ。

男性うけするファッションに身を包み

コンビニ飯やスナック菓子を貪り、不規則な生活で常に生理不順

ハイスペック男子に寄生して、ニートのような生活を送りたい女性

見た目はごく普通、でも健康的な身体で、瞳がキラキラ輝き

責任感を持ってお仕事をし、

将来は母になる覚悟を胸に秘めていて、

信頼できる生涯のパートナーを探している女性

どっちが選ばれると思いますか?

婚活で求められるのは、圧倒的に後者なんです。

これね、表面だけ取り繕っても、す〜ぐに化けの皮が剥がれるんですわ

バレるのほんと早いよ〜〜

だからね、先にあなたの心の中を宝物でいっぱいにするの

内面が充実していて、自分の中でのブレない軸があること

これが婚活をする上での大前提です

 

そうじゃない、かまってちゃんなだけのお子様には、

結婚なんてまだ早い!

私はそう思いますよ

自分の軸なんて、よくわかりません〜〜

という方でも、お話ししてみると意外とちゃんとすでにできてたりします

ただ、まわりの声(家族や友達)が大きすぎて、

自分の【心の声】がかき消されているだけかもしれないから

確認したければ、ご相談ください

一緒に見つけましょう、あなたの中の埋もれかけた軸を✨✨

婚活は交際に入ってからが肝

正直お見合い自体が全く組めない

お見合いしても一切交際に入れないという方は、

見た目をちょこちょこっとなんとかしたところでどうにもなりません(ゴメンサナサイ)

もしもそういう時は作戦を大幅に変更する必要がありますので、

結局のところやっぱりプロにご相談ください。

問題はその先、交際には入れるけど、

なかなかプロポーズにたどり着けない

圧倒的多数の人々。

そんな時はね

全ての道はローマに通ず、ではなく

『全ての交際中の会話は、プロポーズに通ず』

というくらい、会話の内容にもっと意識を向けて欲しいんです

会話を磨くには、まず自分を好きになること。

そして、喜怒哀楽をちゃんと受け止めて

内面を充実させる必要があります

心の引き出しが豊かでないと

会話中、素敵なリアクションが取れないもの

男性はあなた(女性)が繰り出す話題以上に、

自分の話をどういう態度で聞いてくれているか

を気にしていますから!

もっというと、

なんでもない僕の話で笑ってくれた!

となると、もう好感度上がりまくりです笑

可愛いよね、男子って❤️

まあ、その分好感度がガクッと下がる時も一瞬なのでご注意を!

婚活男子を侮るなかれ

婚活男子の彼らは見た目だけではない、生活態度や女性の考え方をちゃんとみていますよ

だから、お顔がちょっとタイプじゃないというだけで

「交際はパス!」

なんてことは言いません

実際に、『彼女とは会話が合うから』

という理由で、2回目のデート終了後、

あの女性と結婚したいです!

と相談してきた男性もいましたよ

外見を磨くのはさほど大変ではない

ぶっちゃけ洋服は、好みの洋服屋さんへ行って、

『婚活するのですが、お見合いとデート用の服おすすめありますか?』

これでほぼ解決。

ヘアはまともな美容院へ行けば、ちゃんと素敵にしてくれます。

モヒカンとかアフロとか金髪とか変なオーダーはせずに、

『婚活したいので、異性から好印象な髪型にしたいんです』

逆にね、あなたが男性なら少々ダサくても、真面目で遊んでなさそう、と女性からは好印象ですよ。

「おしゃれに決め過ぎ」「こだわり強すぎ」はかえって女性の警戒心を煽るだけだから要注意です

爪を切ったり、歯を磨いたり、鼻毛をチェックしたり、

社会人として当たり前のことができていればそれで十分です

さらに一方上の好感度を目指すなら、人気のファッションコンサルをご紹介しております。

詳しくはこちらからどうぞ⬇︎

まず自分の過去と向き合うこと

結婚という、人生を左右するほどの大きな夢を叶えるなら、

自分が何者なのか

をまず深掘りしましょう

金持ちがいいとか、高学歴がいいとか、お料理上手がいいとか

条件は後々の話

まず、あなたはどういう考え方の人間で、

それに至るにはどんな人生のバックグラウンドがあったのか

何を尊い!と感じ

何に嫌悪するのか

新しい人生の一歩を踏み出す(結婚)という作業の前に

自分の内面としっかり向き合うこと

それなしには話は始まらないよ〜〜

アフターコロナを共に生きる

これから婚活を始めるってことは、

この新型コロナウイルスの蔓延という、世界戦争レベルの人類への困難で

かつてない大変化をし、淘汰されたあとの世の中を

ともに生きていくということです

平和でぼんやりしていても、

大人しくしていれば

まあなんとかやっていけた時代とは違ってきますよ

お金だけ持っていれば、全てなんとかなるものでもない

(病気や離婚のリスクもあるし)

マインドだけ立派でも行動が伴わなければ意味がない

(言葉だけ立派でも、ご飯は食べられません)

かといって一人でやっていくのはもっと心細いし、大変よね

だからこそ、いい結婚をしようね!

も会員様に伝えている言葉です

はじめての婚活は、私が心を込めて、お手伝いします

おぎたゆかの個別カウンセリングはこちらから⬇︎