離婚のリスク回避方法

できれば離婚はしたくない!

今苦労して婚活されている皆さん、共通の思いかと思います、、

でもね、前回も書きましたが、

残念ながら、男性と女性とでは脳の仕組みや結婚に対する意識が違うため、理性でコントロールしない限り、感情面での衝突は避けがたい運命です。

リスクを最小限にするため、以下のポイントを結婚する前に確認しておきましょう

✅お互い腹の立たない趣味、嗜好を持っているか

例えば、毎週末ゴルフ三昧の彼と、エステやネイルにお金をかけまくりの彼女

全然平気! むしろ大歓迎!ですか?

そして経済的にもやっていけるならいいけど、借金まみれになったら大変よ。

例えば、車の改造に何百万もかける趣味で、その分家計を圧迫するなら、やはり奥さんはツライよね。

かといって、趣味を禁止したら今度は彼の方が欲求不満になっちゃうかも

例えばこんなふうに

男性側は、もともと独身時代から持っている俺の趣味に口を出すなんてありえない

女性側は、結婚したら、もう一家の主なんだからそういう贅沢な趣味は慎むのが当たり前

と結婚前にそれぞれ勝手な思惑があったらどうでしょう?

衝突は避けられませんよね?

衝突を避けるには、会話をしていくしかありません

もしかして彼の高級車、大変な借金をして無理して乗っているのかも?!

いい車だから、経済的に余裕があるとか

プロフィールに高い年収が書いてあるから、

生活が豊かでお嫁さんも贅沢し放題というわけでは、必ずしもありません

それなのに、ちゃんと話し合ったりしないで

きっとこうに違いない!

と希望的観測(単なる一方的な思い込み)でお相手を選んでしまうと大変!

あっというまに夢が崩れて

こんなハズじゃなかった(T . T)

と絶望感に襲われる可能性もありますよ。

喧嘩をするカップル

例えば、家中がプラモデルだらけで足の踏み場もない。

お互い様だから大丈夫です!ならばいいの。

あるいは、プラモデルを作っている時の彼が好き!とかね

彼の趣味は家庭生活の一コマ

家計から一定の支出と、家庭内の一定の時間がそこに費やされることを覚悟した方がいいですよ

理想の趣味嗜好

逆にお互いにゴルフ大好き!2人ともアニメ大好き!とか

お料理が趣味の彼女と、食べるのが趣味の彼

お洋服選びが得意な彼女と、センスゼロだからお任せしたい〜という彼

こんなふうに2人の趣味がうまく噛み合うならOK!

趣味って侮れないんですよ、後の家庭生活において(^_−)−☆

楽しげに会話するカップル

✅休日はべったりタイプ?それともおのおの趣味に没頭タイプ?

休日の過ごし方も、要チェック事項

もしあなたが、ご主人にマイホーム大好きパパを理想に描くなら、

毎週末ゴルフに行っちゃう旦那さんだとかなり寂しい思いをしますよ。

男性でも、いつも家族と一緒にいたいというタイプ

1人の時間は週に1日は確保したいタイプがあります。

家族サービスは月に一回くらいが限度💦

その代わり、その1日は思いっきり大サービスします❗️

あなたはどちらが理想ですか?

笑顔のカップル

全く家庭を省みないタイプは、あまり最初から存在していません

だんだんと居心地が悪くなってそうなってしまうんです

そうならないよう、人間関係は常にアップデートが必要ですよ

毎日、朝と夜だけでも笑顔で楽しい会話の時間を持ちましょう

デート中会話していて、無理せず背伸びせず、リラックスできるお相手が◎といことですね!

✅話し合って意見を譲り合う柔軟性があるかどうか

実は究極的には、このポイントだけでも当てはまっていればいいくらいです。

なぜってどんなにお互いの性格や価値観が合わなくても、相手の立場や思いを理解するよう努力し、幾らかはお互いに譲り会うことができるなら、一生心配はいらないからです。

ここで大切なことは、お相手だけでなく、あなたも彼のためなら幾らか譲歩できる、そう思える人かどうかです。

これはもう、相性と人間性ですから、どれだけ理性的にかつ愛情を持って振る舞えるかにかかっています

自分の立場・感情ばかりを一方的に押し付けずに、お互いがハッピーになれる結論を導き出す努力をし続けましょうね〜

婚活男性の横顔

裏を返すと、結婚しない方がいい人(離婚リスクが高い人)があぶりだせます

✔︎自己都合を押し付けてくる。自分の意見が絶対正しい、というスタンスが見えみえ

✔︎人の話を聞いていない、思いやりや共感する姿勢が感じられない

こういったタイプは、やがて性格の不一致が致命的な傷となってしまいがちです

具体的には、デートの場所の提案の仕方や、プレゼントの選び方何気ない会話の中にヒントがあるのですよ〜〜

またおいおい書いていきますね!

✅お金、子供、住まいについての考え方がおおよそ一致しているか

例えばですが、

もしあなたが、子供には絶対にインターナショナルスクールに通わせたい

そう願っているなら、あらかじめ話しておいた方がいいです

うちは代々幼稚園から慶應なんだよ、と一蹴されるかもしれませんからね💦

何しろ子育てに関しては、とかくヒートアップしやすいもの

そうでなくても、子育てってめちゃくちゃ大変。

こんなに大変な思いをしているのに、旦那さんが親身になってくれない、とか

子育ての方針が全く合わないことが原因で、不仲になってしまうことって多いんですよね

統計的には、女性側に経済力がある場合ほど離婚しやすい傾向がありますよ

これも、自分の意見や感情を無視される、意見を受け入れられない、という屈辱に、耐えられない!という心理状況と

自分1人でも何とかなる、足を引っ張られるくらいなら1人でやっていく!

という選択が可能だからでしょう

離婚後の未来を見据えて

例え経済力があっても、子供の反抗期、思春期は本当に大変です

女性1人で、息子から「ババア」呼ばわりされたり蹴飛ばされても平気ですか?

反抗期、思春期の子供と1人で向き合うのは本当に大変で、後になって離婚を後悔される方もいます

お子さんはいつまでも可愛いおちびさんではないのです

もしできるのであれば、離婚しないで済んだ方が平和ですよね。

また、本当に残念なことですが、親が離婚している、という理由でお子さんの縁談がむずかしくなることもあります。

大切な子供さんのためにも、できれば仲むつまじいパパママでいてあげて欲しいな、と老婆心ながら思います。

赤ちゃんとパパママの手

あるいは…

お子さんはいらない、子供は作らない、ともしも決めていらっしゃるのなら、

なおさら男女としてだけでなく、人間同士として好きでないと、つまらない結婚生活になってしまうかもしれませんよ。

結婚後の住まいについての条件

住まいに関しては、

✔︎どうしても自分の実家の近くへお嫁に行きたい!とか

✔︎東京港区以外に住みたくない!

など限定的な条件にこだわりが強い女性は、正直なかなか結婚が難しいです。

だからこそ、もしも「いいよ、きみんちの近くに引っ越すよ」などといってくれる危篤な男性と交際できたなら、逃してはいけません!!

基本的には、子供のこと、住まいのこと、お金の管理など重要なことは「全て2人で話し合って決める」ことが大前提ですよ

自分の希望が通らないからといって、フン!何よ!と拗ねてしまうようでは未来のお嫁さんとしては心配です

でももしあなたに「どうしてもゆずれない、叶えたい希望」があるなら、最初から受け入れてくれる人を頑張って見つけるため、たくさんの人とお見合いをするしかありませんね。

インターネット検索 & 仲人のネットワークをフル活用して、荻田がお手伝いしております。

まずはあなたの夢や希望、本音をお聞かせくださいね❤️

身分証明書のご提示で、ご希望の条件の方が会員登録しているかどうかの検索サービスをしております(要予約です)

お問い合わせ、ご予約はこちらからどうぞ!⬇︎

ぶどうの樹結婚相談所「無料カウンセリング」

婚活アドバイザーおぎたゆか

価値観が合わない問題の解決法

なぜ性格が合わない人と結婚しちゃうのか?

ご存知の方も多いとは思いますが、

現代日本は、3組に1組が離婚してる時代です

あなたの周りにもいませんか?

あるいは、すでにあなたも離婚経験者かもしれませんね

それならそれで、次の結婚の前に知っておくべきことがあります

価値観の違いで喧嘩する新婚カップル

離婚をした理由はカップルごとに様々ですが、

ブライダル総研によると

最も多いのが価値観の不一致。

離婚原因の調査結果

女性側にアンケートした結果がこちら

  • 1位:価値観の違い
  • 2位:金銭感覚の違い
  • 3位:人生観の違い
  • 4位:性格の不一致
  • 5位:夫婦の会話がない
  • 6位:相手の借金
  • 7位:相手のモラルハラスメント
  • 8位:相手が家事に協力的でない
  • 9位:相手が育児に協力的でない
  • 10位:相手の浮気

男性側がこちら

  • 1位:価値観の違い
  • 2位:人生観の違い
  • 3位:性格の不一致
  • 4位:夫婦の会話がない
  • 5位:金銭感覚の違い
  • 6位:時間のすれ違い
  • 7位:相手の浮気
  • 8位:子育てに対する考え方の違い
  • 9位:相手のモラルハラスメント
  • 10位:(相手が)相手の親や親族と不仲

出典 法律事務所オーセンスの離婚コラム

https://rikon.authense.jp/column/rikon-191.html


男女ともに最も多いのが

「価値観の違い」という理由

なぜそもそもそんなに価値観の違う人に惹かれて、結婚してしまうのでしょう?

これから婚活をして、幸せな結婚生活を夢見る皆様には、

価値観の不一致で結婚を失敗しないためのアドバイスをシェアしていきたいと思います

価値観ってなんなの?

まず質問です

1問目

✔︎あなたと「価値観が同じ!」と感じる人はいますか?

YES ・ NO

別に異性でなくても、同性でもご家族でも結構です

さらに質問。

2問目

✔︎自分の価値観は正しい、あの人の価値観は間違っている

と感じた経験は、ありますか?

YES ・ NO

1問目の答えで価値観が同じと感じる人がいたら、それは身内や幼なじみなどすでに長い時間を共有してきた方ではないでしょうか?家族や幼なじみは価値観形成の段階、成長過程でお互いに影響を与え合っているので、必然的に価値観が似てくることがあります。

あるいは、本音では価値観が全然違うのに、うまくやっていくために相手を不快にさせない思考、行動をとることができるように訓練されてしまっているのです。

そうでない場合は、どちらかあるいはお互いが、価値観が違う部分もあるけれど、あえてそこはスルーしつつ「共感を示す行動」「相手の価値観に敬意を表す」ことによって、価値観がずれていないのではないかと認識しているかと思われます

そして第2の質問に関しては、そもそも価値観というものに正しい、正しくないはありません

例えば

Aフルーツが好き

Bお肉が好き

C野菜が好き

健康に良いと思うのはどれ?と聞いたら

「フルーツは糖質でしょ?お肉は動物性脂肪だから、健康に悪いし、やっぱ野菜じゃない?」とか

「いやいや人間のからだはタンパク質でできるんだもん、まずはお肉でしょう?」

とか考え方、価値を何に置くのかは人それぞれ

全部トータルバランスでしょう?

食べ過ぎなければなんでもイイんじゃない?

という考え方もありますよね。

ある意味どれも正解!!

自分の体なんだから、自分で決定すればいいのです

これが大前提です

でもね

家族やパートナーになると

相手を思うあまりに自分の正義を押し付けたくなるのが人情

「絶対野菜を食べてって言ってるのに、お肉ばっかり!もう〜!

病気になったら困るのは、家族なんだから!」

とか

「肉を喰えって言っているのに、ダイエットとか言ってお菓子と野菜しか食べない

だから年がら年中風邪ひいてばっかなんだよ」

なんて、苛立ちや不満が募ります

価値観の違いが理由での離婚は、正確には

😭自分の価値観を尊重してもらえないつらさ

😭自分の感情に共感をしてもらえない悲しみ

それによって、「尊厳を踏みにじられた」と感じることから生じる、心のエラー反応ではないでしょうか?

ここ大事!ここで考え方を変えましょう

まず「私の尊厳踏みにじられた感」「共感してもらえず悲しい感」

は事実ではなく、あなたが感じていることです。

一旦感情に押し流されるのをストップして、

どっちが正しいかなんてどーでもよくない?

共感を無理に求めるのって、圧力じゃない??

なんだったら

みんな違ってみんないい!!

私は私、あなたはあなた

と開き直れたら、性格が違う2人でも全然うまくやっていけますよ〜

なぜ新婚のころは気づかないのか?

新婚時代や恋人同士の時はお互いの違いさえ愛おしかったはずなのに、

なぜ結婚して3、4年も経つと急に価値観の違いがひどく気になり出し、

もう一緒には生きていけない

結婚生活に悩む女性

とまでなってしまうのでしょう?

理由の一つは、こちら

恋心があなたの判断を狂わせる

恋している時、私たち婚約しました!と言ってラブラブな時って幸せの絶頂ですよね?

もう絶対他の人なんて目に入らない

君ほど素晴らしい女性はいない

そう思っている時って、脳が思考停止してるんです

お相手の欠点や、致命的に大嫌いな点を見せないように、

脳がフィルターをかけてしまうのが恋です。

ラブ イズ ブラインド(恋は盲目)

ということわざがありますが、まさにそのとうり。

だから、婚活には第三者のアドバイスが大切なんですよね。

しかしいつまでも、この盲目状態は続きません。

統計によると、平均4年が恋の賞味期限。

3、4年くらい経つと、

「あれ?この人の一体に何がそんなに良かったんだっけ?」

と徐々にシラフに戻るのです。

そして、シラフに戻ってお互いを見た時に

こんな人だと思わなかった!!

あなたって変わってしまったわ

君こそ変わったよね

が起きるというわけです

ドライブ中に会話するカップル

変わるのは実は女性の方

妊娠適齢期の20代、30代は、女性の体も心も、

日々成長しながらどんどん考え方や感じ方が変わります。

🌹 おとなしくて、控えめだった女性が、子供を産み育てたり、昇進したりして自信をつけ、たくましくなって、家庭でもまるで有能な上司のように振る舞ってしまう

🌹 あるいは、独自時代は仕事に情熱をかたむけるキャリアウーマンだったのに、結婚してからというものすっかり家庭に染まり、仕事をセーブしたいと言い始める

どちらも女性あるあるです

むしろ余り変わらないのは男性の方

自分は環境に合わせて変化しているのに、男性の方がちっとも変わらないことに、女性は苛立つのです。

✅ 子供ができたのに、夜遊びをやめない

✅ 子供のために私はいろいろ我慢してるのに、旦那は平気でゴルフ三昧

✅ 二人で旅行や趣味を楽しみたいのに、仕事仕事で家庭を顧みない

こちらは男性あるある

男性が独身時代と余り変わらない振る舞いをしていると、女性は結婚してから怒りを感じます。

結婚する前と後では、女性にとっては生きるステージ(舞台)が違うのです。

性格の不一致は避けられない!?

残念ながら、男性と女性とでは脳の仕組みや結婚に対する意識が違うため、きちんと理性でコントロールしないと感情面での衝突は避けがたい運命です。

以下のポイントは、結婚する前に話し合ってすり合わせをしておきましょう

✅ お互い腹の立たない趣味、嗜好かどうか。

✅ 休日はべったりタイプ?それともおのおの趣味に没頭タイプ?

✅ 話し合って意見を譲り合う柔軟性があるかどうか

✅ お金、子供、住まいについての考え方がおおよそ一致しているか

次回ここのところ↑の解説を詳しく書きますね〜

他にもゴミの出し方や、食事の食べ方、親との接し方、仕事に対するスタンス、老後のビジョンなどなど

あなたが特別に大切に思うことがあるのならば、そこはしっかり確認したり、話し合ったりしておきましょう

結局のところ

年齢やお顔、年収や学歴などの

条件ばかり見て

人間性を見ていないと

後でしっぺ返しがきます!

ではまた、次回ブログで

《お知らせ》

Instagramでは毎日夜20時ごろに、🌟婚活コラム🌟会員様からの質問と答え🌟愛と恋についての名言

をローテーションで投稿しています。ぜひご参考になさってくださいね!