好きにならない、なれない人の婚活

私、恋に落ちないんです

世の中にはざっくり大まかに2タイプの人がいます

一つは惚れっぽくてすぐ人を好きになっちゃうタイプ、

もう一つは異性を好きになれない、なりにくいタイプ

あなたはどちらのタイプですか?

もちろん、婚活でも恋活でも、

好きになりやすい惚れっぽい人ほど

なんだかんだと彼氏彼女が途切れません。

特に女性からの、好き好きオーラは、

男性からしたら、それはそれは超うれしいもの。

女性だって、さほど好みでもない男性であっても

誠意を持って熱烈にアプローチされたら

まんざらでもない。心が動きますからね〜

男性を好きになれない女性

恋に落ちない理由

恋に落ちない人の本音としては、

元々恋愛欲求や性的好奇心が少なくて、

結婚はしたいが、男(女)が欲しいわけではない

正直そんなところですよね

ランチに例えると、

そんなにお腹減ってるわけじゃないけど

お昼休みの時間は限られてるし

どれか選ばなきゃいけない

お弁当コーナーでうーんと悩んだまま

どれにも決めきれない

そんなところでは?

この場合周りには、

理想が高いとか、選り好みしすぎとか言われるでしょうが

そうではないのですよね、

お腹が減ってないだけ。

お腹がペコペコで、飢えていたら

なんだって美味しそうに見えて

とりあえず手にとってしまうはずです

サラダを頬張る女性

結婚していない自分は出来損ない?

恋愛力が高い惚れっぽい人は

「今この瞬間恋人が欲しい!」

あるいは

「恋人がいないと耐えられない!」

と心の中で思っています。

でも、多くのオクテ男子、オクテ女子は

「今は恋人がいないけどそこそこ幸せ。

でも老後が不安だし、孤独死したくないし」

という理由でお相手探しをしているので、

なかなか交際相手を決めきれないし、

ちょっとしたマイナスを見つけては

すぐにイヤになってしまいますよね。

でもそんな自分に、

結婚していない自分はダメな人間だ

とレッテルを貼るのはやめましょう!

というのも、、、

結婚しても、していなくても女性は65歳を過ぎたら

55%の人がシングルという時代です。

理由は未婚だけでなく、死別や離婚などもあります。

独り身だから半人前、みたいな古い価値観に

いつまでもとらわれているのは、人生もったいない!

そしてここからの将来は、

もっとお一人様の65歳以上女性の割合が増えるでしょう。

さて、いかがですか?

それならもういいや、結婚なんて面倒くさいだけ

そう思うならば婚活をする必要がないかもしれません。

それでも一度は結婚してみたい

でもやっぱり結婚はしてみたい。

という異性に惚れない、惚れにくい人は、

「恋愛してから結婚しなければいけない」

という思い込みを、思い切って捨てましょう!

恋愛抜きで、家族としてお相手を選ぶのです

理由は簡単、

滅多にときめかない人が、

「異性としてときめくかどうか」を基準にして選ぶのは

そもそも難し過ぎです

その上

ときめいた人と相思相愛になって、結婚にたどり着くなんて

恋愛上手ですら非常に難しいことなんです

ちなみに私の母は、お見合い結婚ですが、

最初は父のこと、まったく好きではなかったそうです。母いわく

「お父さんは、最初から頭の毛が少なくてね〜

ちっとも好みのタイプじゃなかったの。

でも子供が生まれてね(私と妹)、

子供に一生懸命愛情を注いでいる姿を見て

世界一好きになったのよ」

そう言っていますよ。

父はもう他界しましたが、気が小さくて神経質、泣き虫な母とは対照的で、

豪快な明るい人でした。

お見合い直後、なんてお断りしようかと、モジモジうじうじしている母を、

ぐいぐい結婚へとリードしていったそうです笑

ときめかない結婚の真価

全く逆のパターンで、大恋愛の末に結婚して、

めでたく赤ちゃんが生まれたケースで

子育てに一切協力しない姿に嫌気がさした

子供が生まれたのに家庭を顧みないお相手に愛想を尽かした

なんていう話は後を経ちません。

妻の夫への愛情が冷める原因の一位は

「子育てに協力的でないこと」なのだそうです

実際のところ、恋愛感情(恋のときめきや性欲)は時間が経つと

どんな人でも確実に減少して行きますが、

家族愛(信頼や安心感)は増えていきます。

ですので、なかなか恋に落ちない!という人は

旦那さん、お嫁さんとして向いていそうな人と結婚をして

家族愛を育んでいくのがおすすめなのです。

赤ちゃんと手をつなぐパパママ

恋に憧れている、恋したい!

一方で、恋愛至上主義でなかなかお相手が見つからない人。

モテるイケメンや、超絶美人ばかりを

恋愛対象としている人にありがちな

これも一種の奥手タイプです。

生身の人間として人を見ているのではなく、

みんなが素敵という人だからきっと素敵なんだろう

という妄想でお相手を見ているケースです。

いわゆる恋に恋する状態。

アイドルの追っかけをしている気分で、恋をしてしまうタイプですね

これは実は恋愛経験が全くない人に多い傾向で、

異性とひとりの人として深く関わった経験がないため、

人を見た目の「カッコよさや美しさ」

でしか判断できない状態になってしまっています。

しかも、主観というよりも、

他人から評価されている=いいお相手

と勘違いしやすい傾向が見られます

恋愛経験が豊富なほど人柄重視

恋愛経験を重ねて、内面重視になるのは理由があります。

それは、見た目が良い人と交際しても

会話がつまらなかったり

自己中心的で大切に扱ってくれなかったり

そういった経験を、一度はしているからなんです。

見た目も中身も最高!

そんな人、なかなかいませんからね

経験を積めばつむほど、見た目はよほど嫌でなければOK

価値観や会話の中身など人間性の方がよほど大切

と気がついてきます

恋に恋する人へおすすめの婚活

ドラマのような恋がしたい!

でもそろそろ結婚もしたい!

そんなあなたは、まず見た目が100点でない人とも

とりあえず交際してみましょう。

そうやって実際に、

異性とデートしたりLINEをやりとりしたりしているうちに

案外楽しいじゃないの♬

と気付くことも多々あります。

あとは、だんだんお互いのことがわかるにつれ、

心の琴線に触れられて

胸キュン!

する瞬間が必ず出てくるはずです

「世間」や「親、友達」が認める人よりも、

今目の前にいてあなたを大切にしてくれる人の方が

何倍も価値があると気付くでしょう

結婚相談所では、同時に複数の人と交際が可能です

そして、交際中の性交渉は絶対禁止!!

清い交際ですから、恋愛経験の不足を補いながら

結婚相手候補をみつけるのには最適ですよね

恋に落ちる二人の手元

モテる男女はレッドオーシャン

美男美女を求めることは、悪ではありません

誰だってそうですよね、

中身がよくわからない段階で

写真やプロフィールだけで選ぶ際には、

年収や学歴の高いイケメンや

女子力高めプロフィール付きの美女

をみ〜〜〜〜〜〜んな選びます

だからですね、残念な人の場合は、

入会した時は謙虚ないい人だったのに

あまりにも毎日毎日ザクザク申し込まれるが故に

天狗になって謙虚さを忘れてしまう(T . T)

なんこと多々ありますよ。

ある意味で結婚相談所のせいかもしれません、ごめんなさい🙇‍♂️

申し込む側としては、

申し込み→無視されて終了

ということが多々起こりますが

それはですね、

あなたに魅力がないのではなくて、

ただ単にレッドオーシャンだからなのです。

その現実に気がつかず、

いつまで経っても顔写真ばかりを

穴が開くほど見つめて、えりごのみしていては

なかなか本当に理想の家庭を築ける、

運命のお相手とはご縁が繋がりませんからね〜!

荻田由佳の無料の婚活カウンセリングを受けてみませんか?

🔻画像をクリックしてご予約くださいね!資料請求もお待ちしております♬

外見磨き?それとも内面?

婚活での最重要課題はどっち?

こんな議論を最近この業界界隈で耳にしました

結局のところ、どんなに内面を磨いても、外見がよくないと結婚出来ないよね〜

ちょっとお待ちください

誰が内面だけ磨けと言いましたか?

結論から言います

内面も外見も、両方磨いてください

ただし!優先順位は内面です

なぜって、外見だけ磨けば、異性からお申し込みはくるけれど、

交際が進むについれて

😭 一緒にいてうんざりするようなネガティブ発言や、

😭 WIN-WInでない自分勝手な結婚への妄想

😭 自分中心で思いやりが足りないところ

そういったところが丸見えになってきて、

交際が維持できない(T . T)

からです。

結婚相談所では、基本的には交際が3ヶ月は維持できないとなかなか結婚はできません

万が一見た目の魅力だけでスピード婚をしても

残念ながら、待っているのは即離婚!

また、外見がよくなったことで、中途半端にモテ気分を味わってしまうため

おごりや慢心から、

思考と行動を健全に変える努力

=人格を磨く努力をしなくなる

という残念な面があります

だから、内面磨きを強調しているのです

たまたまぶどうの樹結婚相談所に所属している会員さんたちが、外見が良いからでしょ!

と突っ込まれるとなんとも言えませんが💦

幸せ婚への近道とは

わたくし荻田が提唱しているのはインサイドアウトという考え方

ただし、インサイドアウトは、あくまで順序の話です

先に内側(インサイド)を充実させて、それから外へ(アウト)と表現する

それがインサイドアウトです

わかりやすくいうと

私ってこういう考えのひとなんです!

というラベル張りが外側の役割だから、

中身が牛乳なのか、ビールなのか、お茶なのか、コーラなのかも決まらないうちに

『今これが世間では売れてるから』

とトクホのお茶のラベルを貼るようなことは無意味なんです

買ってみてふたを開けて飲んでみたら、

不味いっ!!💢ってなるだけよね

例えば、想像してみてください

毎日きれいにヘアセットをして、ネイルもバッチリ。

男性うけするファッションに身を包み

コンビニ飯やスナック菓子を貪り、不規則な生活で常に生理不順

ハイスペック男子に寄生して、ニートのような生活を送りたい女性

見た目はごく普通、でも健康的な身体で、瞳がキラキラ輝き

責任感を持ってお仕事をし、

将来は母になる覚悟を胸に秘めていて、

信頼できる生涯のパートナーを探している女性

どっちが選ばれると思いますか?

婚活で求められるのは、圧倒的に後者なんです。

これね、表面だけ取り繕っても、す〜ぐに化けの皮が剥がれるんですわ

バレるのほんと早いよ〜〜

だからね、先にあなたの心の中を宝物でいっぱいにするの

内面が充実していて、自分の中でのブレない軸があること

これが婚活をする上での大前提です

 

そうじゃない、かまってちゃんなだけのお子様には、

結婚なんてまだ早い!

私はそう思いますよ

自分の軸なんて、よくわかりません〜〜

という方でも、お話ししてみると意外とちゃんとすでにできてたりします

ただ、まわりの声(家族や友達)が大きすぎて、

自分の【心の声】がかき消されているだけかもしれないから

確認したければ、ご相談ください

一緒に見つけましょう、あなたの中の埋もれかけた軸を✨✨

婚活は交際に入ってからが肝

正直お見合い自体が全く組めない

お見合いしても一切交際に入れないという方は、

見た目をちょこちょこっとなんとかしたところでどうにもなりません(ゴメンサナサイ)

もしもそういう時は作戦を大幅に変更する必要がありますので、

結局のところやっぱりプロにご相談ください。

問題はその先、交際には入れるけど、

なかなかプロポーズにたどり着けない

圧倒的多数の人々。

そんな時はね

全ての道はローマに通ず、ではなく

『全ての交際中の会話は、プロポーズに通ず』

というくらい、会話の内容にもっと意識を向けて欲しいんです

会話を磨くには、まず自分を好きになること。

そして、喜怒哀楽をちゃんと受け止めて

内面を充実させる必要があります

心の引き出しが豊かでないと

会話中、素敵なリアクションが取れないもの

男性はあなた(女性)が繰り出す話題以上に、

自分の話をどういう態度で聞いてくれているか

を気にしていますから!

もっというと、

なんでもない僕の話で笑ってくれた!

となると、もう好感度上がりまくりです笑

可愛いよね、男子って❤️

まあ、その分好感度がガクッと下がる時も一瞬なのでご注意を!

婚活男子を侮るなかれ

婚活男子の彼らは見た目だけではない、生活態度や女性の考え方をちゃんとみていますよ

だから、お顔がちょっとタイプじゃないというだけで

「交際はパス!」

なんてことは言いません

実際に、『彼女とは会話が合うから』

という理由で、2回目のデート終了後、

あの女性と結婚したいです!

と相談してきた男性もいましたよ

外見を磨くのはさほど大変ではない

ぶっちゃけ洋服は、好みの洋服屋さんへ行って、

『婚活するのですが、お見合いとデート用の服おすすめありますか?』

これでほぼ解決。

ヘアはまともな美容院へ行けば、ちゃんと素敵にしてくれます。

モヒカンとかアフロとか金髪とか変なオーダーはせずに、

『婚活したいので、異性から好印象な髪型にしたいんです』

逆にね、あなたが男性なら少々ダサくても、真面目で遊んでなさそう、と女性からは好印象ですよ。

「おしゃれに決め過ぎ」「こだわり強すぎ」はかえって女性の警戒心を煽るだけだから要注意です

爪を切ったり、歯を磨いたり、鼻毛をチェックしたり、

社会人として当たり前のことができていればそれで十分です

さらに一方上の好感度を目指すなら、人気のファッションコンサルをご紹介しております。

詳しくはこちらからどうぞ⬇︎

まず自分の過去と向き合うこと

結婚という、人生を左右するほどの大きな夢を叶えるなら、

自分が何者なのか

をまず深掘りしましょう

金持ちがいいとか、高学歴がいいとか、お料理上手がいいとか

条件は後々の話

まず、あなたはどういう考え方の人間で、

それに至るにはどんな人生のバックグラウンドがあったのか

何を尊い!と感じ

何に嫌悪するのか

新しい人生の一歩を踏み出す(結婚)という作業の前に

自分の内面としっかり向き合うこと

それなしには話は始まらないよ〜〜

アフターコロナを共に生きる

これから婚活を始めるってことは、

この新型コロナウイルスの蔓延という、世界戦争レベルの人類への困難で

かつてない大変化をし、淘汰されたあとの世の中を

ともに生きていくということです

平和でぼんやりしていても、

大人しくしていれば

まあなんとかやっていけた時代とは違ってきますよ

お金だけ持っていれば、全てなんとかなるものでもない

(病気や離婚のリスクもあるし)

マインドだけ立派でも行動が伴わなければ意味がない

(言葉だけ立派でも、ご飯は食べられません)

かといって一人でやっていくのはもっと心細いし、大変よね

だからこそ、いい結婚をしようね!

も会員様に伝えている言葉です

はじめての婚活は、私が心を込めて、お手伝いします

おぎたゆかの個別カウンセリングはこちらから⬇︎